[体験談] 女子校のレズビアンの生態

全寮制の女子校ではレズビアンが結構居ます。

最初からそうなのではなく、女の子しか居ない状態が続き、自然とその中で好きとか嫌いとかいう感情が生まれるのです。

まあしかし、ほとんどは卒業したら普通に男性を好きになり、結婚していくわけですが。

思春期特有の熱に浮かされただけと言いますか。

私もそのひとりです。

積極的に女の子に恋していたわけではありませんが、いわゆる憧れの先輩は居ました。

そして運良くその先輩に気に入られ、しかもその先輩もレズ気があったことで、付き合うことになりました。

一緒にご飯を食べたり寮の部屋で音楽を聴いたり、そういう可愛らしい付き合いをしていたのは、初めの数日だけです。

お互いに暗黙の了解がありながら

キスをしたらもうあとは流れるようにセックスをしました。

と言っても、バージンの女の子同士がすることですから、舐めたり触ったりするくらいですけれど。

バイブか何かを使って破瓜とか、そこまでのことはしませんでした。

お互い、同性愛的な恋愛を楽しむのは、女子高生である今だけだ、と無意識のうちに悟っていたのだと思います。

だから処女は守ったまま、クリトリスを中心とした快感を楽しんでいました。

[体験談] 寝顔が可愛くて悪戯してたらバレてしまい…

仲のいい女友だち5人と女子会をしました。

久しぶりにみんな集まったので、3次会まで盛り上がりました。

もちろんみんな終電はなくなり、午前3時頃にそれぞれタクシーで帰ることになりました。

でもリナちゃんはちょっと遠いので、私のウチに泊めてあげることにしました。

私とリナちゃんは皆より先にタクシーに乗り込み、2人で私のマンションに帰りました。

はじめは襲う気なんてなくて

部屋にリナちゃんを入れると、まずは先にリナちゃんをシャワーに入れ、その間に部屋をささっと整理しました。

リナちゃんがシャワーから出てくると冷蔵庫から缶チュウハイを渡して、すぐに私もシャワーに入りました。

私もすぐにシャワーを浴びて出てくると冷蔵庫から缶チュウハイを取り出しグビグビ飲み干して、

2人で髪を乾かしあってから私はベッドに、リナちゃんはソファで寝ることになりました。

けっこう酔っ払っていたこともあり、リナちゃんはすぐに寝てしまいました。

私はなかなか寝付けなかったのでベッドを出て、リナちゃんの寝てるソファの横に座ってリナちゃんの寝顔を見ていました。

リナちゃんがあまりにも可愛いのでニタニタしながらしばらく見ていました。

かわいい寝顔を見ていたら魔が差して

そして私はなんとなく、リナちゃんの寝顔にキスしてしまいました。

最初は頬に、そして柔らかい唇にもキスしちゃいました。

それでもまったく起きる気配がないので、私は調子に乗ってブランケットの中に手を入れて服の上から胸を触って軽く揉んでみました。

リナちゃんは巨乳なのですごい揉みごたえあってちょっとドキドキしちゃいました。

それでも起きなそうだったので、服の中にそ~と手を入れ、ブラを外してナマ乳を触って、軽く揉みました。

柔らかくてプニュプニュしててほんと気持ちよくて、もっともっとプニュプニュ感を堪能したくなったのでブランケットをまくって、そっと服をずらしてナマ乳に顔を押し当ててみました。

温かくて、プニュプニュしてて、適度の柔らかさが何とも言えず気持ちいい…

どうしても乳首を舐めたくなった私は

そしてどうしても乳首も気になってしまい、リナちゃんのやや大きめの乳首をペロっと舐めてしまいました。

舌で転がして、ちょっと吸ってみたり…

さすがに起きちゃうかなと思いつつドキドキしてたんだけど、リナちゃんはすやすやと寝ていました。

何だかちょっと興奮してきちゃって…ついにパンティにも手を掛けました。

ゆっくりゆっくりパンティを下ろして、脱がすことに成功。

リナちゃんのちょっと濃い陰毛を掻き分け、ちっちゃいビラビラをそっと指で広げてみました。

中は薄いピンク色で私のアソコよりキレイでした。

さらによく見るとクリトリスもちっちゃめで包皮の中に隠れていました。

しかしついにバレてしまった時

私は思わず、クリトリスを舌でペロっと舐めてみました。

するとさっきまですやすや眠っていたリナちゃんが起きてしまったんです。

最初は何されてるのかわからなかったみたいだったけど、胸は出てるし、パンティもずらされていたことに気が付き、

「アキナ、何してるの?」

って私に聞いてきました。

「リナちゃんが可愛くて、つい…」

って言い訳しましたが、

「私そういう趣味ないから…」

って蔑むような目で私を見るので、私は逆にそんな目で見るリナちゃんをどうしても征服したくなっちゃって

「私は女の子もイケるの…すごい気持ちよくしてあげるから…」

と言ってリナちゃんを押し倒して、無理やりキスしました。

そしてリナちゃんが身動き取れないように、私の体重を乗せて唇を奪いながら、手をアソコに伸ばしてクリトリスを指でコリコリ弄りました。

リナちゃんは私から逃れようと足をバタバタさせてイヤイヤしましたが、私はかまわず続けてるとリナちゃんのアソコが濡れてきたのがわかりました。

嫌がる姿にも興奮を覚え夢中になって攻めました

すかさず、私は体重移動してアソコに舌を這わせてクンニしました。

「アキナ、ヤメてぇぇぇ!!こんなことしたら友だちじゃなくなっちゃうから…ヤメてぇぇぇ!!」

とリナちゃんは叫んでいました。

でもリナちゃんのアソコはどんどん愛液でビチョビチョになって、たまに色っぽい吐息を漏らすようになっていました。

リナちゃんも感じてきてると確信した私はゆっくりアソコに指を入れました。

そして指の腹でゆっくり膣壁を刺激してあげるとリナちゃんは腰を浮かせて感じ始めました。

あんだけ嫌がっていたリナちゃんも

「お願い…だから…感じちゃうから…やめてぇ…」

と弱々しく懇願するようになりました。

もうこのまま責めちゃおうって思って、私は乳首を吸いながらアソコの中を指で刺激し続けたらリナちゃんは

「ダメぇぇぇ~、イッちゃう…」

と叫んで腰をブルっと震わせてあっけなくイッてしまいました。

それからはもう私のペース

リナちゃんはもう抵抗せず、おとなしく私の言うことを聞くようになりました。

リナちゃんの足を開き、アソコに顔を埋めクンニでトロトロになるほど舐め回しました。

そしてリナちゃんの顔に後ろ向きで跨り、シックスナインの形になってリナちゃんにも私のオマンコを舐めてもらいました。

さらに私は引き出しから電マとバイブを持ち出し、リナちゃんのアソコに電マを押し当てて何度もイカせたあと留めにバイブを出し入れして責めまくっちゃいました。

「あぃやぁぁぁぁぁ、イッ、イッちゃう…イグイグイグうぅぅ~」

と叫んでお漏らししながら激しく体を震わせてイッちゃいまいました。

ソファはビチョビチョになっちゃって、リナちゃんのオツユで変色してしまってました。

ソファを汚したお仕置きとして…

リナちゃんはごめんねごめんねと何度も恥ずかしそうに謝ってくれましたが、私は悪戯っ子のように許してあげませんでした。

そして週末に私の部屋に来たら許してあげると言ってニヤニヤしちゃいました。

リナちゃんは仕方なさそうにわかったと承諾してくれました。

その週末にもまたリナちゃんに女のよさを教え込んで、今では立派なレズ友にしちゃいました。

[体験談] ショーツをつけずタイツを直に履く快感に

今年27歳になるOLです。

「タイツ」

それは私にとって、とても淫靡な響きをもった言葉に聞こえます。

ショーツを履かずにタイツを履くと

私は中学から高校まで女子校に通っていたのですが、

そこではバレエの授業がありました。

黒いレオタードに白いタイツでバレエを踊るレッスンでした。

高校2年のころです。

あるときレッスン着に着替えようとしていると、

友達がショーツ無しでタイツを穿いているのに気がつきました。

タイツの下にはヘアがうっすらと影を作っています。

なぜショーツを穿かないのか聞くと、

「センターシームがクリトリスにあたって気持ちいい」

とのことでした。

「クラスの女子のうち「経験済み」の子は皆そうしている」

と言うのです。

その頃はまだオナニーすら体験したことがなく、

クリトリスがどう気持ちよくなるのかよくわかっていなかったのですが、

彼女にそそのかされて私もショーツ無しでバレエタイツを穿くことになりました。

割れ目に食い込むタイツの快感

実際に穿いてみるとタイツのセンターシームは思いのほか盛り上がりが高く、

それがマンコの割れ目にぴったりと食い込みます。

さらにその上からレオタードが股間を圧迫するので、

タイツはますます私の性器に食い込んでくるのです。

思いもかけない感覚に私は言葉を失いました。

「気持ちいいんでしょ?」

彼女はそんな私の微妙な変化を逃さず声をかけてきます。

「これからもっと気持ちよくなるから」

レッスンが始まると、動きのひとつひとつがタイツと性器の一体感を増幅し、

タイツのセンターシームがこすれるたびに割れ目がぬるぬるしているのが分かります。

初めて体験する感覚にぼーっとなっていると、二人一組になっての柔軟体操に移りました。

柔軟中の執拗な言葉攻め

私の相手は彼女だったのですが、いろいろな態勢で柔軟をしているうちに、

彼女が私の股間を何度となく触りました。

最初は偶然かと思っていましたが、後半になると先生から見えない角度で

レオタードの中にまで手を入れてきました。

数秒間の出来事でしたが、タイツの上から彼女に性器を触られて、

激しく汁が出てくるのがわかりました。

「濡れてるよ」

彼女が私の耳元で囁きます。

「タイツが気持ちいいんでしょ」

彼女の言葉に私は全身がかーっと熱くなりました。

ものすごく恥ずかしい、でもそんな自分をさらけ出すことの快感・・。

レッスンが終わった後、彼女が私のそばに来て言いました。

「後で二人だけでタイツレッスンしようよ」

放課後に誰もいないスタジオで

私は彼女の言葉に従い、放課後に誰もいないスタジオに行きました。

スタジオではすでに彼女がレッスン着に着替えていました。

もちろんタイツの下には何も着けていないことでしょう。

それは私も同じでした。

鍵をかけたレッスン室でどちらからともなく抱き合い、

キスをしながらお互いの体を触りました。

女の子とキスすることも私には初体験だったのですが、彼女は慣れていました。

彼女の愛撫は巧みで私はすっかり翻弄されてしまいました。

彼女の唇や指が私の体を這い回り、

乳首をレオタードの上から触られると電気が走るような快感を覚えました。

レオタードの上から乳首を強くつねられて思わず…

いつしか私は息を荒くして体をうねらせていましたが、彼女はそんな私を見て

「少しなら声出しても大丈夫だよ。ここ防音だから。」

そういいながら乳首を強くつねります。

快感と痛みが混じった感覚に私は思わず声を出してしまいました。

彼女の片手は私の股間を触っています。

レオタードの上からでも強く指を使われると、マンコから愛液が溢れ出してくるのがわかります。

やがて彼女は私の手を取り、

「自分で触ってごらん」

といい、私の性器をタイツ越しに触らせるのです。

一瞬生理が始まったのではないかと思えるほど液体にまみれた自分の股間が信じられないと同時に、

導かれてクリトリスを触ったときの快感が私を貫きました。

タイツ越しにクリトリスを触るとセンターシームの圧迫と相まって、ものすごい快感を感じます。

ぬるぬる感がものすごくいやらしい気がして、私は頭が変になりそうでした。

彼女はそんな私の変化を楽しみながら、乳首や首筋を愛撫し続けています。

「おしっこが出そう・・」と彼女に告げると、

「おしっこは出ないよ。もうすぐイクんだよ」

とさらに強く愛撫を加えてきました。

タイツは私の出した愛液ですでに染みが広がっています。

立つことすらできなくなりながら、彼女に支えられ一気に私は登りつめました。

頭の中が真っ白になる感覚がきた後、波のように快感が押し寄せ私は声をあげていました。

官能的な催眠術で手を触れずにイかされた話

照明が暗くなっているときにベッドの上に横たわっていると、男の奥深いセクシーな声が私の携帯電話のスピーカーから滲み出し、白黒の渦巻き模様が画面を覆っています。

私は全裸で横たわっていますが、これは私が今まで試したことがないオナニーの一種です。 私をオーガズムにさせることができる唯一のことは、YouTubeビデオでのこの男の声の音です。この声を聞くことで、私は手を使わずにオーガズムに達することができます。

私は官能的な催眠術について懐疑的でした。 催眠音声やASMRと違って、それは性的快楽の目的のためにユーザーをトランス状態にすると主張しています。 YouTubeに「エロ 催眠音声」と入力すると、無数の動画を見つけることができます。

私は催眠術が効くとは思っていませんでした。 でも今では、催眠術とそれが作り出す驚異的なパワーを理解しています。何の物理的な刺激なしで25分で性的最高潮にあなたを連れて行く催眠術とは一体なんなのでしょうか。

催眠は「深化」 というプロセスから始まります。催眠術師があなたの無意識の心を開くためにリラックスの深い状態に連れて行くプロセス – です。 彼は私にすべての考えを捨てさせ、「ここには私とあなたしかいない。あなたがしなければならないことは何もない」と諭します。

それから私の呼吸に目を向けさせます。私の緊張を取り除き、そして私がより覚醒しやすいより深い心理状態に私を導くために設計された深くてゆっくりした呼吸。

それが「覚醒」のフェーズになると、声色が変わります。 もっとエロくなります。 彼が使う言葉は汚く、しっかりしていて権威主義的です。

彼は私がいい子である、と言います。そして彼は、自分が君を支配していると言う。 私が彼を「マスター」と呼び、彼の命令すべてに従うように命令します。 彼が私にしたことを、私はひとつひとつ詳細に言わなければなりませんでした。そして、私がますます興奮するように私に命じました。とても、とてもセクシーでした。

ただ、トランス状態の下で何が起きたのか覚えておくのは難しいです。それが催眠術ポイントでもあります。催眠にかけられている間は、基本的に無意識です。 完全に統制され支配されていることだけははっきり覚えています。この男の声に従順で、彼が私を許すまで私はオルガスムができなかったこと。それは信じられないほど楽しいものでした。

彼の声は低くてセクシーであり続け、そしてその蓄積は長く、遅く、そして魅惑的でした。セックスの間、全ての女性が望むことです。

催眠術師はたくさんの視覚化を使いました、そしてそれに非常にS&Mの雰囲気がありました。彼と共に非常に支配的なものでした。

私が性的に完全に支配されるのはとても自然なことでした – そして、所有されていると感じることは信じられないほど解放的です。矛盾しているようですが、真実なのです。

22分半後、彼は私にオルガスムを許可しました – そして私は深い官能の時間を過ごしました。 それはただ普通のオーガズムではなく、 全身オルガスムでした – 私が今まで経験した中で最も驚くべきことの一つです。

チクチクする感覚は私の体中に広がり、それを完全に飲み込みました – 私のつま先でさえも。 それは天にも登る快楽でした。

その後、まるで私が空中を歩いているかのように、私は高くて明るく感じました。 私は座って数回深呼吸をして、蜂蜜入りの甘いお茶を作って地球に戻ってきました。

それは素晴らしい経験だったし、それがとても楽しかったので私は私の性生活の中でこれをさらに探求したいと思います。 それは私たちの体や経験に対する人間の心の可能性の力を美しく思い出させるものです。

催眠オナニーは今や私の日常生活の一部です。あなたも催眠術を練習するほどより深い快楽を得ることができます。 ハンズフリーオルガスムに達することができます。

男も乳首が性感帯!ドライオーガズムに達するための簡単なステップ

男性が乳首でオーガズムを得ることができないという思い込みは間違っています。男性は、女性ほどではないにしても乳首で感じることができます。乳首は重要な性感帯のひとつなのです。乳首の快楽にまだ気づいていない男性は、大きな損をしていると言わざるをえません。

それでは、男性はどれくらい乳首で感じるのでしょうか。多くの男性は、前戯の間に乳首を触られることに非常に興奮します。男性は、セックスの際にぜひパートナーに乳首をそっと触ってもらってください。さらに言うと、舐めたり吸ったりしてもらうことでさらに感じることができます。

乳首でオーガズムを得る方法としてはいくつかの簡単なステップがあります。乳首とペニスを交互にいじることです。ペニスを触りながらたまに乳首を触る、乳首を触りながらたまにペニスを触る、これを繰り返すことにより、いつしか乳首を触るだけで勃起するようになるのです。

こうなったら後は、ペニスが勃起した状態で乳首をより速くより強くこすってみてください。前立腺がズキズキするのを感じることができれば、乳首によるドライオーガズムの達成はもうすぐです。

ここで注意しなければならないのは、乳首によるオーガズムを得ようと焦らないことです。乳首オーガズムはそんなに早く習得できるものではありません。逆説的ですが、乳首でオーガズムを得ようとしない、リラックスした状態で望むことこそが乳首でオーガズムを得る近道なのです。乳首は繊細な性感帯ですので、強くこすりすぎることはNGであり、最適な責め方をゆっくり研究していってください。

また、最初は乳首とペニスを同時に触ることが重要ですが、ドライオーガズムをいざ得ようとするときは、決してペニスに触れてはいけません。そうしてしまうとどうしてもウェットなオーガズムになってしまうからです。陰茎の快感から前立腺の快感へとフォーカスを移していくことこそが、ドライオーガズムを達成する上で大事なのです。

コツとしては、乳首を触ることで火花が発し、前立腺に電気を送るようなイメージをすると良いです。様々な角度から乳首の快楽を研究し、いつかドライオーガズムを得られるよう、楽しんでください。

乳首オーガズム未体験のあなたへ

あなたがまだ乳首オーガズムを持っていないならば、あなたは逃しています

 

JACKLYN JANEKSELAによって

2016/07/22に公開

  乳首オーガズム

ジェイソンホフマン/スリル

私の性感帯は、何百万もの人々のように、私の乳首を含みます。 そして、そのようにラベル付けされた肌の特別なパッチのように、刺激された乳首はひどくエロティックな感覚を呼び起こします。 正確な感覚を突き止めるのは難しいです。それは浮かぶような、火のような、飛ぶような、高い振動のような、そよ風に揺れる木々のような、最高水温のような最高の泡風呂のような。

しかし、オルガスムは最終的に私たちの頭脳によって支配されています。 そして、もしあなたが心を閉じ込めているのであれば、オルガスム、ひいては乳首のオルガスムを可能にするツールを粉砕しているのです。 私を信じて:あなたはそれをしたくないのです。

乳首のオルガスムを持っていることは私を止めなかった。 そしてそれらは女性だけのものでもありません。 研究によると、男性もこの方法で降りることができます。 あなたが乳首が800以上の神経終末を持ち、刺激された時にオキシトシンを放出し、そして心臓に最も接近している性感帯であると考えるとき、それはそれほど遠く取り込まれません。 これを行う方法は次のとおりです。

私の後に繰り返します:私はできると思います

まず、自分にできることを伝えなければなりませんでした。 当時の彼氏は、乳首刺激だけで私を降りることができると主張しました。 私は笑った。 しかし、彼の信用のために、彼は私にそれが本当であると保証した。 「経験から話す」と彼は約束した。 「私は以前女の子とやりました、ブラジルのひよこがそれについて教えてくれました」

私は私の恋人が他の人と一緒に悪用したことについて話されることを大ファンではありません。 しかし、彼はスペイン語で前述のことを言っていました。 私たちの会話の後、私は彼が以前にそれをしたことが可能であると私は思った。 しかし、私はそれが最初の試みで私のために起こるとは信じられませんでした。

私は死んで間違っていました。

おっぱい遊びを掘るパートナーを探す

私のこの恋人は、彼の前の他の人たちと同様に、私の中でどんな乳房と乳首の前戯が引き起こされたのかを十分に認識していました。 そして、運が良ければ、汚い話。 要するに、私はこのようなことに陥っていたパートナーに出会いました。

今、いくつかのパートナーは特定のキンクやフェティッシュに陥っています、そして私たちは皆私たちの公平なシェアに出くわしました。 しかし、そうでない人もいます。 そして、それはおそらく胸と乳首に入っている誰かとあなたの最初の乳首オーガズムを経験することが最善です。

オルガスムのチャンスに開かれている

それは週の真ん中で、私は大学で夜の授業を終えたところでした。 私は家に帰り、私の18世紀の女性の明るいコースを読むことを計画しました。 しかしその夜、宇宙、そして私の彼氏には他の計画がありました。

それで、私は私のオーガズムのためにスペースが起こるのを許して、そして私の抑制を手放すことを選択しなければなりませんでした。 緊張感や何かを起こさせることは逆効果です。 リラックス! 吸い込み、吐き出します。 マントラをしなさい。 あなたが抱いているその性的エネルギーを増やしてください。

気分が快適で心地よいものであり、安全であることを確認してください。 あなた方の中には、タブーの双子がいるかもしれません。 いたずらなことをしたいという欲求を高めるものは何もない。

乳首-Oテクニックを学ぶ

あなたのパートナー(またはあなた自身の!)の乳首を刺激すると、性器の遊びによって活性化されたのと同じ神経皮質が目覚めます。 セックスの前戯の芸術を理解するのと同じように、乳首の遊びはゆっくりとする必要があります – 「エッジング」と呼ばれるものです。

乳首のオルガスムの場合は、乳房と乳輪の外側、下側、上に軽く触れることから始めます(乳首ではありません)。 あなたのパートナーの息と反応に注意を払いながら、徐々に賞に向かってあなたの道を進んでください。 彼らがどれほど敏感であるかに依存して、あなたはあなたがどのくらい強くまたは軽くあなたが圧迫するか、つまむか、引っ張るか、またはマッサージするかを変える必要があるかもしれません。 自分で練習することは、何がうまくいくのか、何がうまくいかないのかを理解するための素晴らしい方法です。

それがメインイベントの時間になったら、それが困難になるのを助けるためにいくつかの軽い(爪ではない!)つまみをつまんでみてください。 いったん興奮すると、もう少し強くつまむ、吸う、そして弾くことができます。直立した乳首はより多くの刺激に耐えることができ、その結果、より多くのオキシトシンが生成されます。 プレッシャーを混同したり、乳房や乳首の扱い方を変えたりすると、喜びの波が生まれます。思い出に残るグランドフィナーレができます。

少しマインドフル瞑想はオーガズムに最適です

あなたが何が起こっているのか毎秒を楽しむことができるように瞬間に存在してください。 あなたとあなたのパートナーから出てくるセクシーな音に耳を傾けてください。 自分の呼吸に集中して、性器オルガスムの呼吸をシミュレートしてみてください。

それがあなたの陰核または陰茎であるかのようにあなたの乳首を考えなさい。 結局のところ、形状と組織は非常に似ています。 そして脳は乳首や陰核の刺激にも同じように反応します。 追加のクリトリスとしてあなたの乳首を考えてください。 真剣に、それは働きます。 あなたの乳首からその気持ちを下に下げるようにしてください。 2つの体の部分を同期させてみてください。

波が来るのを感じたら、それを戦わないでください。 それに乗る! あなたがクラッシュするまでそれをずっと乗ります。

激突は性器刺激とは違った感じになるでしょう。 あなたはより多くの内部のオルガスム(下の領域全体の収縮、屈曲、そして解放)を感じるかもしれません。 ある人は振動を感じ、他の人は強いバーストを感じる。 それがあなたが感じるものは何でも、それから地獄を楽しみなさい。

うまくいったことを暗記する

私は初めて、他の人たちと一緒にそれをすることができました…それは私が私が私が決して決して閉じないことを願っているいくつかの素晴らしいセックスゲートを開いたことを私に伝えます。 私の体のさまざまな場所からクライマックスできるようになれば、私は神に近づくことができます。 ほとんど女神っぽい。 あなたの体中の接点からオルガスムする能力ではないにしても、悟りとは何ですか?

私達の毎日のThrillist電子メールのためにここにサインアップして、そして食べ物/飲み物/楽しみの中で最高のあなたの修正を得なさい。

Jacklyn JanekselaはThrillistのフリーランスライターで、詩人、画家、そして音楽家でもあります。 彼女はCulture Designersでアートについて、そしてWitty Bitchesでbody imageについて書いています。 Female Filet、art mugre、そしてThe Velbloudsでの彼女の作品を見て(そして聞いてください!)

乳首によるオーガズムについて

あなたの乳首は性感帯です

私たちがポップカルチャーで見ていることの多くは、女性が膣領域を刺激することによって女性がオルガスムできる唯一の方法であることを示唆しています。 しかしそれは事実ではありません – 長引くわけではありません。 女性が性器に触れることなくオーガズムを組むことは可能です。 乳首のような性感帯がやってくるところです。

乳首は、遊ぶと、あなたの体中に花火を起こすことができます。 十分な刺激、そしてあなたもその大きなOに到達することができます。乳首遊びについて、あなたが始めることができる方法とあなたが本当に熱を上げるためにあなたができることについてもっと学ぶために読んでください。

オーガズムはどのように可能ですか?

あなたの神経に感謝します! 各乳首には何百もの神経終末があり、それらは触れることに対して非常に敏感です。 そして乳首で遊ぶことはあなたに多くの喜びをもたらすことができます。 あなたの乳首が刺激されると、それらは生殖器の感覚野で火花を発射します。 これは膣やクリトリスの刺激によって引き起こされるのと同じ脳の領域です。

乳首オーガズムはどんな感じですか?

多くの女性は、乳首のオルガスムをあなたにこっそり侵入して、その後どこにも爆発しないものとして説明します。 喜びがゆっくりと徐々に築かれるにつれて、感覚は全身に広がります。 じゃあ、バム! あなたは波に乗ってくる強力なクライマックスを感じるでしょう。

乳首のオルガスムはその月のその間にさらにもっと激しく感じるかもしれません。 月経中のホルモンの変化は、乳房の過敏性と圧痛を増し、それが覚醒を高めます。

誰もが持っていられますか?

理論的には、そうです! しかし、あなたにとって何がうまくいくのかを発見するまでは試行錯誤が必要かもしれません。あるいは、その乳首遊びがまったくあなたのためではないかもしれません。 知る唯一の方法はそれを試してみることです! そして誰が知っている? あなたはたくさんの楽しみを持っているかもしれません。

待って – 男性も乳首のオルガスムを持つことができますか?

うん! 男性は絶対に乳首のオーガズムを持つことができるので、あなたもあなたの興味を持っている男性のパートナーと乳首の遊びを試すことができます。 どんなテクニックを試したいのか、どのようなテクニックを感じさせるのか、回避する必要があるのかについて、男性のパートナーと話してください。 方法は同じで、コミュニケーション – そして冒険心 – が重要です。

始める方法

乳首遊びはオーガズムにつながる必要はありません。 しかし、気分が高まり、そのエンドルフィンを急ぎたいのであれば、体が大きなOを達成するのを助けるためにあなたができることがいくつかあります。

照明を消し、ろうそくを灯し、官能的な曲を聴いて気分を整えましょう。 セクシーでリラックスした雰囲気は本当に気分を盛り上げることができます。

快適なポジションに入る…それであなたは不快に感じることなく喜びを感じることに集中することができます。

あなたの心をさまよいましょう…そして何があなたをオンにするかについて考えてください。 空想をすることはあなたが遊んでいるときあなたがさらに興奮するようになるのを助けることができます。

時間をかけて…そして、乳首や胸で遊んでいるときに感じるさまざまな感覚を楽しんでください。 あなたが気分を良くさせるものを見つけるためのテクニックを試してみてください。

あなたの指で始めなさい…しかし他の感覚を加えること自由に感じなさい。 オイル、ローション、クランプ、そしてニップルバイブレーターは本当に喜びを高めることができます。

片方の手をさまよう…あなたの他の性感帯またはあなたのクリトリスに。 あなたが一人で乳首の遊びからオルガスムを達成することができるとしても、なぜあなたの体の他の部分を探索することによって経験を爆発的にしないのですか?