ドライオーガズムで分泌されるホルモン

オーガズムが脳にもたらす変化は、科学的に明らかになりつつある。

論理的思考力が失われる

「セックス中は、脳の中で合理的思考や物事の決定、価値判断を司る部分の活動が低下し、同時に恐怖や不安も減少する」(ダニエル・シャー)

オキシトシンが分泌される

オーガズム中は視床下部が激しく活動し、性的な記憶や性的な妄想を高め、オキシトシンが分泌されることで幸福感が高まる(ケイト・スケル)
このホルモンは女性が授乳する時にも分泌される。

大量のドーパミンが分泌される

快感、欲望、動機付けに大きな影響を持つドーパミンが放出される
このホルモンは、食欲や性欲の快感も司っている。

ドラッグに等しい快楽

セックスのときも、美味しいごはんを食べているときも、ギャンブルで勝ったときも、活性化される脳の部位は同じである。

痛みを麻痺させる

エンドルフィン、オキシトシン、バソプレシンが分泌されることで、痛みが軽減されるため、スパンキング等のサディスティックな行為が快感につながる。

オーガズムは眠気を誘発する

オーガズムに達すると副交感神経が優位になり、セロトニンが分泌され、体がリラックスする。
そのため急激に眠くなる。

以上の脳の働きをふまえた上で、ノーハンドオナニーに至る方法、ドライオーガズムに至る方法を検討する必要がある。