ドライオーガズムの種類

ドライオーガズムには女型と男型があります。

男型・女型ドライオーガズム

男型は、ふつうの男の射精のような快感で、射精時と同じような快感があるが射精は伴わないものです。

前立腺が痙攣するので射精感を伴いますが、実際には射精はしていないのです。

そのためやろうと思えば何度でも、オーガズムに達することができるのです。

ちなみに、ペニスを刺激していないのに、射精してしまうことがありますが、これはトコロテンといって、男型ドライオーガズムとは違います。当サイトではハンズフリーオーガズムとも呼びます。

男型のドライオーガズムは、主に前立腺への刺激によって達することができます。

エネマグラを活用して前立腺を刺激することをお勧めします。

女型ドライオーガズムとは?

女型ドライオーガズムは、まさに女性と同じような快感を得ることができるドライオーガズムです。

射精のように一気に登り詰めるのではなく、気持ちいい状態が持続します。

男型と女型の違い

快感度は、男型より女型の方が強いです。

この女型のドライオーガズムは、前立腺だけではなく精嚢を刺激することによって達しやすくなります。

女型ドライオーガズムのコツ

ドライオーガズムというと、前立腺ばかり考えてしまいがちですが、実は精嚢も大事な性感帯なんです。

女型のドライオーガズムに達したい場合は、この精嚢の開発が不可欠です。

精嚢の位置は、個人差はありますがおへその少し下あたりにあります。

女型ドライオーガズムのコツ

エネマグラオナニーをしていてイケそうでイケない、あと一歩の状態になることが多いかと思いますが、そんなときこそ女型ドライオーガズムのチャンスです。

そんなとき、おへその下あたりをポンポンと指で刺激すると、スイッチが入り、女性型のドライオーガズムに達しやすくなります。