ドライオーガズムを経験するとセックスはどう変わるか

一度ドライオーガズムを味わうと、まず病みつきになります。暇さえあればPC筋を収縮させて前立腺を圧迫してしまうし、就寝の際は必ず乳首をいじって一度ドライでイってから寝るようになる。そういう生活を続けると自然と身体の感度が上がってしまうようで、どんどんイキやすくなっていきます。初めはかなり集中しないとドライに達せなかったのに、今ではもう簡単にイケるようになっています。

そんな状態になってからのセックスは、凄まじいものでした。射精の際には身体全体で痙攣するし、射精した後は少し撫でられただけでドライに達してしまうし、喘ぎ声も大きくなった。悪い点としては、興奮しすぎて射精までの時間が短くなったかもしれないです。あとは女の子の前で相手よりビクビクしてしまうのがかなり恥ずかしいですね。(笑)

話はそれますが、メンズエステでの感じ方も変わります。際どい部分を撫でられると身体を痙攣させてしまうようになるので、とても恥ずかしいです。良い点としては、いわゆる自家発電、手でしごくようなことをせずとも、マッサージを受けながらノーハンドでフィニッシュを迎えることができるようになるかも。。(恥)

初心者にオススメの安いエネマグラ

ドライオーガズムを目指す第一歩として前立腺の開発を志す人にとって、まずハードルとなるのがエネマグラの高いお値段ですよね。巷でオススメされている「アネロス」の製品ですと8,000円は下りません。もちろん類似品で安い物もいくつかあるのですが、しっかり計算された形状でないと全然気持ち良くないので、ここは妥協できない。こんな単純な形状で素材も安価な物なのに何故こんなにも高いのか。怒りすら覚えました。

ドライオーガズムやアナニーというニッチな市場においてエネマグラを供給するメーカーが少なく、価格競争が起きていなかったからでしょう。しかし近年になってドライオーガズムのノウハウがインターネットを通じて少しずつ共有されていった結果、エネマグラへの需要が増加した。各社が続々とエネマグラ市場へ参入し、価格破壊が起き始めました。そうして遂に見つけた我らが相棒がこちら。半年ほど前に発売された「Cat Punch」による商品。お値段なんと2,000円未満。ミニ電マのおまけつき。

エネマグラのエントリーモデルとしては、これ一択なのではないでしょうか。これでエネマグラというのがどういうものか経験してから、さらなる快楽を求めてアネロス等に手を出すという流れが理想的だと思います。