チクニーヨガでドライオーガズム

オナニーヨガとは

オナニーヨガにおいて性欲を精力へ変換する瞬間に生じる快感によって、射精をともなわないドライオーガズムが訪れる。

タントラの教えでは、このオーガズムを求めるのではなく、その過程における快楽と興奮を求めることを推奨している。

オナニーヨガとは、難しいものではなく、妄想を頭の中で膨らませながらペニスを刺激することを言う。

こうすることで股間にあるツボが開き、性欲が解放され、額にあるツボへと気が昇っていく。

このとき体内に広がる快楽と興奮は、セックスの何倍にも及ぶ。

妄想するだけでイく

そうなった後にも繰り返し性欲が解放されることで、ヨガ中は何度も何度もドライオーガズムが訪れることになる。

この基本を体得することで、いずれは妄想をするだけでイケるようになる。

これは別名、エナジーオーガズムとも呼ばれる。

チクニーとの合わせ技で絶頂の高みへ

この最中に乳首をいじることで、さらなる快楽を誘発することができ、オーガズムにも達しやすくなる。

チクニーを続けていると次第に乳首を触っていることも意識できなくなってきて、ついにはドライオーガズムを迎えます。

諸君もエナジーオナニー×チクニーで新次元への一歩を踏み出しましょう。。