[体験談] 看護婦さんに恥ずかしく焦らされて

喉を痛めて病院にいったときの話です。

私は高校時代バンドのボーカルをやっていたので、喉を大切にしていました。

でも風邪をひきはじめには必ず喉にくるんです。

高校2年の春、季節の変わり目に私は風邪をひいて近くの小さな病院にいきました。

診療時間ぎりぎりで、いつもより病院内は静かでした。

看護婦さんに、乳首をいじられて診察室に入ると看護婦さんが1人いて、お医者さんは帰ってしまったとのことです。

看護婦さんに風邪をひき喉が痛いことを伝えると、ライトと小さい鏡を使って喉の奥をみてくれました。

看護婦さんは、

「一応聴診器あてますから上の服だけ脱いでもらえます?」

といいました。

私は上の服だけ脱ぎ、ちょっと恥ずかしい気持ちがあったのでブラジャーを腕を組むようにして隠しました。

すると「女同士なんだから大丈夫よ」といって私のブラジャーを喉の位置までたくしあげたのです。

いきなりだったのでびっくりしましたが、優しい声に安心してそのたくしあげられたブラジャーをおさえました。

看護婦さんは聴診器をゆっくり胸に近づけました。

ひんやり冷たい感触に自分の乳首が立ってしまったことを感じました。

診察器を滑らせるように動かずたび、私の立ってしまった乳首を

つつくように動きます。

最後に乳首の上に診察器を優しく当てられて円を書くようにスーっと動かされた時は

背筋がぞくぞくしました。

背筋、そして膝の裏をパウダーで撫でられて次に看護婦さんは背中にも診察器を当てるからそこに横になってと言いました。

学校での健康診断で診察器されるときは、椅子に座ったまま背中もみてもらうので不思議でしたが、看護婦さんに言われた通りにしました。

ベットに横になると、白いビニール製のベットで少しひんやりしていました。

うつぶせ状態で寝て、腕を枕かわりにしました。

看護婦さんはまた診察器で私の背中の音をききました。

すると私の背中をみて、あせもがあることに気付きました。

私は小さいころからあせもができやすい体質で、医者にまでいくほどひどくはありませんでしたが悩んでいました。

看護婦さんは「あせもがあるねぇ~ かゆい?・・・」といいながら私の背中を優しくなでました。

私は小さいころからあせもができやすいことを伝え、特に1番できやすかったヒザ裏の相談をしました。

「じゃぁちょっとジーンズ脱いでくれる?
ついでだからパウダー塗ってあげるよ。」

そう言われ私は迷わずジーンズを脱ぎ、下着だけになりました。

うつぶせの状態のままヒザ裏にパウダーを塗ってもらいました。

パウダーを塗るパフの毛が足を行ったりきたりするのがとても気持ちよくて、時々体が動いてしまいましたが何とか我慢しました。

エッチな期待に頭がいっぱいにすると「じゃぁ上向きに寝てくれる?」と言われました。

今度は何をされるのだろう・・ 私はこのときもうエッチな期待しかしてなかったと思います。

私は上向きになり、看護婦さんの顔を見上げました。

するとニコッと笑い、私の胸をもみ始めました。

「あの・・・なにするんですか?」

私が質問すると

「胸にしこりがないか検査するね」

と言われました。

看護婦さんの優しい手が、胸を優しくなで上げ、時には乳首をつままれました。

乳房の周りを人差し指で円を書くようにグルグルまわした後に乳首をギュっとつまんでは、また優しく胸全体をマッサージしてくれます。

しばらくして

「うん!しこりはないから大丈夫だよ。」

と言われました。

看護婦さんは私の顔を見て、またにこりとしました。

もっと触って欲しい…「顔 赤いけど大丈夫?はずかしかった?」

そう聞かれて私の顔はますます赤くなったことを感じました。

なにも答えられずにいた私は恥ずかしくて顔を隠したいくらいでした。

するとさっきまで胸をもんでいた看護婦さんの手が私のパンツの上にきていました。

私ははずかしさのあまり、思わず看護婦さんの手のある場所を首を持ち上げてみてしまいました。

看護婦さんはまたにこりと笑って

「感じちゃったんだね。」

って私の丁度クリトリスのある場所を人差し指でキュっと押されました。

びっくりして私は自分の手でパンツの上から股を隠しガードするような体制をとりました。

すると看護婦さんは私の手を握り、私の人差し指をもち、またクリトリスの上をキュっと押しました。

「ほら、ここでしょ?ここにあるよね?」

そういいながら、強く握った私の人差し指でグイグイとクリトリスを押します。

ついに私は我慢できなくなり、コクリとうなずきました。

クリトリスを散々いじめられて看護婦さんは私の握ったままの人差し指を縦に動かしたり横に動かしたりしました。

「自分でこうやってやってるんでしょ?言ってごらんなさい」

なんだかすべてを知られてるような気がして少し怖くもありました。

私は「はい・・・」としか答えられませんでした。

「正直な子ね」

看護婦さんはそう言い、またニコリと笑いました。

「最初は私がマッサージしてあげるね」

看護婦さんは私はクリトリスを円を書くように優しくなで上げました。

パンツの上から何回も何回も。

時には爪の先で穴のある位置からクリの場所までスーっとなでました。

そのたびに私はたまらなくなり、吐息がもれてしまいました。

ものすごく気持ちがよく、あと少しでイってしまいそうになった時、看護婦さんの手が止まりました。

もっとやってほしい。

そう思う私をよそ目に看護婦さんは

「ちょっとまっててね。」

と言い残して他の部屋にいってしまいました。

一人ぼっちになってしまった私はこの切なさと満足したいと思う気持ちで、

悶々と看護婦さんの帰りをまっていました。

2、3分待ちましたが帰ってきません。

私はさっきまで感じていた自分が急に恥ずかしくなり、ベットから起き上がってベットの上で体育座りをして看護婦さんの帰りを待ちました。

鏡でシミを見せられながら5分後看護婦さんが戻ってきました。

手には手鏡をもっています。

「ごめんね。待ったでしょ。これ探してきたの。」

看護婦さんはそういい、体育座りの私の足をゆっくり左右に開きました。

すると その手鏡を私の大切なものの近くに持っていき、私のパンツを映し出しました。

「ほら。みて。パンツをみて・・。」

鏡には私の灰色の下着が映っています。

よくみると その下着の丁度真ん中に灰色が何かで濡れ、変色し、黒っぽい色を出していました。

「見える?シミ作っちゃったね?」

看護婦さんはそういい私の顔をじっくりみました。

また私の顔が赤くなるのを感じました。

「ほら。パンツにシミつくちゃったね。こうやると気持ちいいんだもんね」

そういってまた私の下着をこすりあげます。

「こんなに濡れちゃうとパンツ気持ち悪いでしょ?」

なんだか幼稚園児みたいな扱いをされますます恥ずかしくなりました。

見られたい一心でパンツを脱ぐ「パンツ脱ぎたい?」

早くイキたかった私は我慢できず、自分からパンツを脱ぎました。

もしかしたら、看護婦さんにもっと見て欲しかったのかもしれません。

パンツを脱いだ私の股を看護婦さんはさらに左右に広げました。

「ほら、ここから汁がでちゃうんだよ。」
私の股にさらに鏡を近づけ 私によく見えるようにしました。

「ここがさっき押されて気持ちよかったところだよ。」

看護婦さんの細くて白い指がクリトリスを指します。

私がコクリとうなずくと、看護婦さんは私の顔をじっくりみながらクリをツンっとはじきました。

私の吐息を聞き、もう1度看護婦さんはツンと優しくはじきました。

そんなことをされると、もう1度触って欲しい、また弾いてほしい。

もっと淫らな言葉を言われたいと望んでしまいます。

焦らされて我慢ができなくなった私はでもそれ以上看護婦さんは何もしてくれません。

ただ私の顔をじっとみて、私によく見えるように濡れたあそこを鏡で映し出すだけです。

たまらなくなった私は看護婦さんに

「触って欲しいです・・・」

とお願いしてしまいました。

これで開放される。

イケルんだ。

そう思って看護婦さんの顔をみました。

すると看護婦さんはニコリと笑って、

「自分でやってごらん。」

そういいました。

私は自分が言った言葉がどんなに恥ずかしい言葉だったか思い知らされました。

困る顔をしながら我慢の限界だった私は
自分の手をゆっくりと自分の1番大切な部分にもっていこうとしました。

ところが看護婦さんにその手を押さえられてしまいました。

机と擦れる感覚が快感で「自分の手でやっちゃだめよ。そこに先生の机があるからあの角にこすりつけてごらん。」

もう気持ちは絶頂寸前でした。理性も失っていたと思います。

ゆっくり先生の使っている机に近づき、机の角に股をあてました。

ゆっくり、ゆっくり動かします。

すでにあそこの汁があふれ出してしまった私は机の角にこすりつけるたび、自分の愛液のネトネトした感触と机のヒンヤリした感触に快感へと導かれました。

私はその机に一心不乱にクリトリスを押さえつけ、縦へ・横へと体ごとこすりつけました。

気付くと後ろで看護婦さんの声がしました。

「もうそろそろイッちゃいそうでしょ?あんまり早く動かしちゃだめよ。もう少し我慢したほうが気持ちよくなるから。」

そう言われ看護婦さんに腰をつかまれ机からひき離されました。

机から股が離れる瞬間、白い液状の糸がすーっと糸をひきました。

看護婦さんは私をベットに連れて行き、その上で四つんばいにさせました。

「次はこれでこすろうね」

そういって渡されたのは 1番最初に喉の奥を見るために使った細い鉄状の先に小さな鏡がついたものです。

細やかな刺激をいっぱいに感じたくて我慢の限界をこえていた私はその細めの棒を横にして一生懸命にクリトリスをこすりあげました。

自分でもだしたことのないほどの淫らな声をあげ、快感に酔いしれました。

細くて冷たい棒がクリトリスをこすりあげるたび、なんとも言えない快感が私の体をかけめぐります。

上へ・・・

下へ・・・

上へ・・・

下へ・・・

時には横に動かし、鏡の部分をクリに押し付け、円を書くように回し続けました。

看護婦さんは私のそんな淫らな行為を見ながら小さなライトを持ってきました。

四つんばいの私のあそこをライトで照らしよく見えるようにしました。

きっと看護婦さんも興奮していたと思います。

でもそれ以上に私の興奮はピークでした。

看護婦さんにもっと見られたい。

見て欲しい。

私の淫らな姿をその目に焼き付けて欲しい・・・・

そう思っているうち、看護婦さんから上向きになって体育すわりになるよう支持がありました。

あそこを直視しながら果てる最後は私のあそこを自分で見ながら逝きなさいとのことでした。

大切な部分をライトに照らされ、自分で必死に大きく膨らんだクリを虐めている姿を鏡でみせられるのはものすごい恥ずかしいことでした。

細い棒が自分のあそこを上下に動きます。

私の息使いとともに棒の動きも早くなりました。

私はたまらず

「看護婦さん、イってもいいですか?」

そんな言葉を口走っていました。

看護婦さんはニコリと笑い、

「いきますって大きな声でいうのよ。」

そういいました。

棒の動きがドンドン早くなります。

「あぁ・・・はぁっ・・あっ アッ・・・・イクッ・・・逝きます・・・・」

私は最後には足をぴんと伸ばし、力を入れて逝ってしまいました。

今までないような快感でした。

ものすごい絶頂は何秒間にも続いたことでしょう。

もう私はこんな体験二度とできないと思います。

今日もこのことを思い出して自分で虐めてしまいました。

これを読んで今、自分で自分を虐め初めている人がいるなら、

もっとじっくり時間をかけて

逝くのを我慢してもらいたいと思います。

[体験談] チクニーに夢中です

ブラジャーと擦れるだけでも感じてしまう

チクニーが大好きな私は、いつも乳首を虐めているので、乳首がとても敏感になってしまい、いつもいやらしく勃起しています。ちゃんとしたブラジャーでないと服の上からでもバレてしまいます。

休日は裸になって

そんな私の秘密の楽しみは、予定が無い日に一日中、服を脱いで裸で過ごすこと。

休日のために用意しているのは洗濯バサミと、ひもを結んだクリップ、そして縄、ローター、バイブ、アナルプラグ、ろうそく等、変態的なものばかり。

自縛の快感

まず、自縛をしておっぱいを強調します。そうするだけで興奮し、私の乳首はますます硬くそそり立ちます。

手の平で乳首を撫でるようにゆっくり転がすと、キュンとアソコが濡れ始めます。

まずはフェザータッチで優しくゆっくりと乳首の快感を楽しみます。

洗濯バサミの切なさと

次に使うのは洗濯バサミ。
乳首の根本に恐る恐る挟んでみると、それだけで切なくなります。

そして乳首の先端部分には、紐を付けたクリップを取り付けます。私の乳首はクリップの重みに、痛みを感じ、しかしそれが快感となり、腰の奥がキュンとなります。

しばらくその状態で横たわり、エッチな妄想を膨らませながら、クリップにつけた紐を引っ張って切ない快感を楽しみます。

蝋燭でクライマックスへ

そうしたら次は洗濯バサミとクリップを外し、痛みで敏感になった乳首に、ろうそくを垂らしていきます。

乳首を刺すような熱さに、腰がきゅんきゅん反応します。

蝋を何十滴垂らした頃でしょうか。とうとう理性を失った私の手がぐちょぐちょになったアソコに触れてしまい、そこからはよだれを垂らしながら何度もイッてしまいました。

エッチな妄想を膨らませて

乳首を焦らして責めるオナニーが好きな私。次はどんな責め方をしましょうか。早く休日になって裸になりたい…

ペニスのフェザータッチ

鈍感になってしまったオナニー

男性のオナニーは、ペニスを握って上下にシゴくのが一般的です。最初はソフトなタッチだったオナニーも、時を経て、力を入れて強く握らなければ感じない身体になってしまってはいないでしょうか。そんな鈍感な状態では、本来得れるべき快感も減ってしまいます。若かりし頃の気持ちよさを取り戻すためにも、性感を取り戻しましょう。

微細な刺激を感じる

ペニスを握ってシゴくのをやめ、指でペニスをなぞるようにして愛撫し、その細かな刺激を楽しんでみましょう。最初は楽しむ程度でかまいません。フィニッシュは強く握って擦って迎えるとしても、徐々にその優しい刺激を感じる時間を伸ばしていければ、次第に貴方の性感は研ぎ澄まされていくでしょう。

フェザータッチのオナニー

触れるか触れないかの強さで肌に触れることをフェザータッチと呼びます。セックスにおいては、このタッチで女性を愛撫するのが効果的ですが、これは自分のオナニーにおいても当てはまります。亀頭から竿、玉に至るまで丁寧に撫で回してみてください。くすぐったいような快感を、感じるようになることで、オナニーの水準が一段上がることでしょう。時には爪を立てて引っ掻いてみるのもいいかもしれません。

中折れ対策にも

セックスで興奮せず、萎えてしまう原因の多くは、強すぎる刺激のオナニーに慣れてしまっていることにあります。中折れした悔しい経験がある方は、ぜひこのフェザータッチオナニーを試してみてください。どんなに弱い膣圧でも感じるペニスを取り戻しましょう。