男でも乳首でオーガズムを得ることが可能

それが乳首の遊びから降りることになると、それは一般的に女性に関連付けられています。 男性が乳首遊びからオルガスムを持つことができないという神話は正しくありません。 男性は、それ以上ではないにしても、乳首に敏感です。 男性は女性と同じくらい多くの性感帯を乳首に持っています。 実際には、ほんのわずかな割合の男性だけがそれを無効にしていると感じています。

それでは、男性はどのくらい正確に乳首の遊びから降りるのでしょうか。 多くの男性は、性交と前戯の間に彼らの乳首で遊んでもらうことを非常に興奮させます。 男性がそれを最大限に引き出すことができる方法はかなりあります。 セックスの間、あなたはあなたのパートナーにあなたの乳首をそっと打たせることができます。 前戯や性交の際には、やさしく触れると興奮します。 あなたの乳首を刺激するためのもう一つの方法はあなたのパートナーがそれらをなめると吸うことです。 あなたが乳首遊びの覚醒を感じたいと思うなら、これは始めるのに最適な場所です!

あなたが男性の乳首のオルガスムの急降下にあなたを得ることができるといういくつかの簡単なステップがあります。 まず、あなたはあなたの乳首と胸を起こす必要があるでしょう。 あなたの胸と乳首の両方をこすることによって、あなたの乳首は直立して起床します。

このステップを繰り返すことで、覚醒を感じるようになるかもしれません。 あなたがそっとオーレオールをこすり始めると、あなたはますます興奮して成長するでしょう。 あなたの乳首はより直立して成長し、あなたは人差し指でもう少し早くそれらをこすり始めることができます。 あなたの陰茎がより興奮したようになったことを感じるようになったら、より速くより速くあなたの乳首をこすり始めてください。 乳首のオルガスムで、あなたは実際にあなたの前立腺にズキズキするのを感じることができます。 いくらかの忍耐力と実験によって、単にあなたの乳首で遊ぶことによって乾いたオーガズムを達成することは可能です。

オーガズムに到達するためのすべての方法のうち、これはあなたが忍耐強くなければならないものです。 それは逆効果に思えるかもしれませんが、乳首のオルガスムを持つことを「試みないでください」。 あなたは何十年もの間オナニーの経験をしていて、オルガスムに自分自身を操作することを学びました。 乳首のオルガスムを達成するためには、オーガズムに自分自身を強制したり、「やろう」とすべきではありません。 それはこの新しい性感帯を探求し学ぶことについての詳細です。 あなたが激しくストロークして結果を生み出すことができるのはペニスではありません。 男性の乳首は繊細な感触で洗練されているはずです。 あなたが最初にそれが楽しい気持ちを生み出すことができるのを発見したとき、あなたは陰茎の専門家ではありませんでした。 乳首についても同じです。 探査は発見への鍵です。 あなたは、一人でまたはあなたのパートナーと一緒に絶頂に達するための新しくてエキサイティングな方法を発見しようとしています。 楽しんで!

次回、シャツの下に手を伸ばして乳首をなでるような気がします。 あなたがどのように触れているかについて考えるのではなく、ただ気分が良いものだけをするのが最善です。 乳首の遊びについて自己意識的に感じる必要はありません、それは完全に普通で楽しいです。 乳首の刺激から前立腺にチクチクする音がしたら、それはいいことです! そうでなければ、大したことではないが、楽しみは探究である。 時間をかけて楽しんでください。 乳首の刺激から持続可能な覚醒を作り出すためには、あなたの乳首に集中せず、他の刺激的なシミュレーションであなたの注意をそらさないことが最善です。 一つの注意はあなたの陰茎に触れないことです。 乳首で発生する性的感覚は前立腺、ハンズフリーオルガスムの起源を引き起こす可能性があります。 精神的に陰茎に焦点を当てることは陰茎に性的感覚を向け直し、前立腺の性的感覚の構築を遅らせるでしょう。

乳首の機能は前立腺のエロティックな炎を広げることです。 乳首が火花を発しているか、前立腺に電荷を送って前立腺に電気を送り、それを輝かせていると想像してください。 私のために働く2つの精神的なトリックは前述のように官能的な気晴らしです、または乳首を想像することはそれを喚起する前立腺への導管です。 しかし、あなたは自分にとって何がうまくいっているのかを探求し発見するべきです。 あなたが前立腺の中で強力な感覚を育てることができるならば、それと共に行ってください! その覚醒を築き、乗り心地を楽しんでください。 初めて乳首オーガズムを吹く心を期待しないでください。 あなたの一人の時間とあなたのパートナーとの時間に乳首の刺激を統合します。 あなたにとって何がうまくいくのかを学び、その知識を基にすると、驚くべき結果がもたらされるでしょう。

[体験談] チクニーに夢中です

ブラジャーと擦れるだけでも感じてしまう

チクニーが大好きな私は、いつも乳首を虐めているので、乳首がとても敏感になってしまい、いつもいやらしく勃起しています。ちゃんとしたブラジャーでないと服の上からでもバレてしまいます。

休日は裸になって

そんな私の秘密の楽しみは、予定が無い日に一日中、服を脱いで裸で過ごすこと。

休日のために用意しているのは洗濯バサミと、ひもを結んだクリップ、そして縄、ローター、バイブ、アナルプラグ、ろうそく等、変態的なものばかり。

自縛の快感

まず、自縛をしておっぱいを強調します。そうするだけで興奮し、私の乳首はますます硬くそそり立ちます。

手の平で乳首を撫でるようにゆっくり転がすと、キュンとアソコが濡れ始めます。

まずはフェザータッチで優しくゆっくりと乳首の快感を楽しみます。

洗濯バサミの切なさと

次に使うのは洗濯バサミ。
乳首の根本に恐る恐る挟んでみると、それだけで切なくなります。

そして乳首の先端部分には、紐を付けたクリップを取り付けます。私の乳首はクリップの重みに、痛みを感じ、しかしそれが快感となり、腰の奥がキュンとなります。

しばらくその状態で横たわり、エッチな妄想を膨らませながら、クリップにつけた紐を引っ張って切ない快感を楽しみます。

蝋燭でクライマックスへ

そうしたら次は洗濯バサミとクリップを外し、痛みで敏感になった乳首に、ろうそくを垂らしていきます。

乳首を刺すような熱さに、腰がきゅんきゅん反応します。

蝋を何十滴垂らした頃でしょうか。とうとう理性を失った私の手がぐちょぐちょになったアソコに触れてしまい、そこからはよだれを垂らしながら何度もイッてしまいました。

エッチな妄想を膨らませて

乳首を焦らして責めるオナニーが好きな私。次はどんな責め方をしましょうか。早く休日になって裸になりたい…