[体験談] チクニーに夢中です

ブラジャーと擦れるだけでも感じてしまう

チクニーが大好きな私は、いつも乳首を虐めているので、乳首がとても敏感になってしまい、いつもいやらしく勃起しています。ちゃんとしたブラジャーでないと服の上からでもバレてしまいます。

休日は裸になって

そんな私の秘密の楽しみは、予定が無い日に一日中、服を脱いで裸で過ごすこと。

休日のために用意しているのは洗濯バサミと、ひもを結んだクリップ、そして縄、ローター、バイブ、アナルプラグ、ろうそく等、変態的なものばかり。

自縛の快感

まず、自縛をしておっぱいを強調します。そうするだけで興奮し、私の乳首はますます硬くそそり立ちます。

手の平で乳首を撫でるようにゆっくり転がすと、キュンとアソコが濡れ始めます。

まずはフェザータッチで優しくゆっくりと乳首の快感を楽しみます。

洗濯バサミの切なさと

次に使うのは洗濯バサミ。
乳首の根本に恐る恐る挟んでみると、それだけで切なくなります。

そして乳首の先端部分には、紐を付けたクリップを取り付けます。私の乳首はクリップの重みに、痛みを感じ、しかしそれが快感となり、腰の奥がキュンとなります。

しばらくその状態で横たわり、エッチな妄想を膨らませながら、クリップにつけた紐を引っ張って切ない快感を楽しみます。

蝋燭でクライマックスへ

そうしたら次は洗濯バサミとクリップを外し、痛みで敏感になった乳首に、ろうそくを垂らしていきます。

乳首を刺すような熱さに、腰がきゅんきゅん反応します。

蝋を何十滴垂らした頃でしょうか。とうとう理性を失った私の手がぐちょぐちょになったアソコに触れてしまい、そこからはよだれを垂らしながら何度もイッてしまいました。

エッチな妄想を膨らませて

乳首を焦らして責めるオナニーが好きな私。次はどんな責め方をしましょうか。早く休日になって裸になりたい…