[体験談] チクニーに夢中です

ブラジャーと擦れるだけでも感じてしまう

チクニーが大好きな私は、いつも乳首を虐めているので、乳首がとても敏感になってしまい、いつもいやらしく勃起しています。ちゃんとしたブラジャーでないと服の上からでもバレてしまいます。

休日は裸になって

そんな私の秘密の楽しみは、予定が無い日に一日中、服を脱いで裸で過ごすこと。

休日のために用意しているのは洗濯バサミと、ひもを結んだクリップ、そして縄、ローター、バイブ、アナルプラグ、ろうそく等、変態的なものばかり。

自縛の快感

まず、自縛をしておっぱいを強調します。そうするだけで興奮し、私の乳首はますます硬くそそり立ちます。

手の平で乳首を撫でるようにゆっくり転がすと、キュンとアソコが濡れ始めます。

まずはフェザータッチで優しくゆっくりと乳首の快感を楽しみます。

洗濯バサミの切なさと

次に使うのは洗濯バサミ。
乳首の根本に恐る恐る挟んでみると、それだけで切なくなります。

そして乳首の先端部分には、紐を付けたクリップを取り付けます。私の乳首はクリップの重みに、痛みを感じ、しかしそれが快感となり、腰の奥がキュンとなります。

しばらくその状態で横たわり、エッチな妄想を膨らませながら、クリップにつけた紐を引っ張って切ない快感を楽しみます。

蝋燭でクライマックスへ

そうしたら次は洗濯バサミとクリップを外し、痛みで敏感になった乳首に、ろうそくを垂らしていきます。

乳首を刺すような熱さに、腰がきゅんきゅん反応します。

蝋を何十滴垂らした頃でしょうか。とうとう理性を失った私の手がぐちょぐちょになったアソコに触れてしまい、そこからはよだれを垂らしながら何度もイッてしまいました。

エッチな妄想を膨らませて

乳首を焦らして責めるオナニーが好きな私。次はどんな責め方をしましょうか。早く休日になって裸になりたい…

チクニーヨガでドライオーガズム

オナニーヨガとは

オナニーヨガにおいて性欲を精力へ変換する瞬間に生じる快感によって、射精をともなわないドライオーガズムが訪れる。

タントラの教えでは、このオーガズムを求めるのではなく、その過程における快楽と興奮を求めることを推奨している。

オナニーヨガとは、難しいものではなく、妄想を頭の中で膨らませながらペニスを刺激することを言う。

こうすることで股間にあるツボが開き、性欲が解放され、額にあるツボへと気が昇っていく。

このとき体内に広がる快楽と興奮は、セックスの何倍にも及ぶ。

妄想するだけでイく

そうなった後にも繰り返し性欲が解放されることで、ヨガ中は何度も何度もドライオーガズムが訪れることになる。

この基本を体得することで、いずれは妄想をするだけでイケるようになる。

これは別名、エナジーオーガズムとも呼ばれる。

チクニーとの合わせ技で絶頂の高みへ

この最中に乳首をいじることで、さらなる快楽を誘発することができ、オーガズムにも達しやすくなる。

チクニーを続けていると次第に乳首を触っていることも意識できなくなってきて、ついにはドライオーガズムを迎えます。

諸君もエナジーオナニー×チクニーで新次元への一歩を踏み出しましょう。。

そういえば昔は、乳首は感じなかった

いつだったか、「男でも乳首を弄り続ければ感じるようになる」という記事を読んだ。

その当時は自分の乳首を触っても、ほとんど何も感じなかったのを覚えている。「ちょっとくすぐったいかなー」くらいだった。

ただなんとなく、それ以来オナニーをする度に、乳首を触ってみるようになった。ペニスで感じている時に同時に乳首を触ったりすることで開発を続けてきた。そしたらいつのまにか、本当に乳首がすごく感じるようになっていた。具体的に言えば、今では乳首だけでドライオーガズムに達することができる。

本当だ。

普通の女の子よりも乳首で感じる自信があるかもしれない(笑)もはや感じることの方が自然なので、かつて乳首が感じない時代があったことなんてすっかり忘れていた。

次は足の指とか開発したいな。

初心者にオススメの安いエネマグラ

ドライオーガズムを目指す第一歩として前立腺の開発を志す人にとって、まずハードルとなるのがエネマグラの高いお値段ですよね。巷でオススメされている「アネロス」の製品ですと8,000円は下りません。もちろん類似品で安い物もいくつかあるのですが、しっかり計算された形状でないと全然気持ち良くないので、ここは妥協できない。こんな単純な形状で素材も安価な物なのに何故こんなにも高いのか。怒りすら覚えました。

ドライオーガズムやアナニーというニッチな市場においてエネマグラを供給するメーカーが少なく、価格競争が起きていなかったからでしょう。しかし近年になってドライオーガズムのノウハウがインターネットを通じて少しずつ共有されていった結果、エネマグラへの需要が増加した。各社が続々とエネマグラ市場へ参入し、価格破壊が起き始めました。そうして遂に見つけた我らが相棒がこちら。半年ほど前に発売された「Cat Punch」による商品。お値段なんと2,000円未満。ミニ電マのおまけつき。

エネマグラのエントリーモデルとしては、これ一択なのではないでしょうか。これでエネマグラというのがどういうものか経験してから、さらなる快楽を求めてアネロス等に手を出すという流れが理想的だと思います。