ハンズフリーオーガズムに到達できない5つの理由

ハンズフリーオーガズムに到達するという考えは困難です。 あなたが以前の仮定でそれに近づくならばそれはありえます。 多くの男性は、自慰行為についてすでに知っていることを利用し、同じ方法をハンズフリーオーガズムに適用しようとします。 これは間違いかもしれません。 以下は、ハンズフリーオーガズムにまだ達していないトップ5の理由です。

HFO(ハンズフリーオーガズム)は、伝統的なオナニーのようなものではありません。 オナニーのように強制することはできません。 オナニーは体からオーガズムを強要する。 若い頃から、私達はより早く、より強く、より強い強度が予想される結果と確実な結果をもたらすことを学びます。

HFOには違います。 ハンズフリーオーガズムは、あなたの体を何度も何度も学び、それがエロティックなエクスタシーを提供する能力について新たな認識を得ることのようなものです。 あなたがオナニーですることができるようにあなたは単にハンズフリーオーガズムに自分自身をすることはできません。 それは素晴らしい楽器のように巧妙に仕上げられなければなりません。 個々の弦が弾かれ、演奏することを学ぶにつれて、あなたは最終的にオルガスムシンフォニーを構築するでしょう。

ほとんどの男性は自分の陰茎に取りつかれています。 当然のことながら、彼らの一生のためにそれは彼らの性生活の事実上の中心であった。 セックスはペニスで始まりペニスで終わります。 この考え方は、自分の体の他の覚醒領域を楽しむ男性の能力を制限しました。

男性の乳首と前立腺は強力なHFOへの入り口です。 愛情のある思いやりのある方法で触れた場合、全身の皮膚が興奮しています。 陰茎のオルガスムを経験しているだけであなたの人生全体を見て行かないでください。 オープンマインドとモチベーションで、マスターベーションのない複数の男性のオルガスムはあなたのものになることができます。

ほとんどの人が最初にHFOについて聞くとき、彼らはすぐにその習慣を習得することを期待しています。 手助けをしないオルガスムを持つという概念に興奮するのは簡単ですが、それが自動的に起こらないときは期待が薄れてしまうことがあります。 また、初めて試したときに一部の人がHFOを持っていたことを読んだときには、いらいらすることがあります。 重要なことは、予想なしにハンズフリーオーガズムにアプローチすることです。

目標に達することを期待せずに何かをするという考えは、非常に直感的にわかりにくいものです。 特に、私たちの人生全体が、そのたびにオルガスムにつながるという明確な期待をもって自慰行為をしてきたときは特にそうです。 あなたがそうしなかったなら、それならなぜ試してみますか? 良いHFOセッションのために、最高の決断をするという期待なしにあなた自身を楽しむことをあなたの目標にしてください。 目的地ではなく、旅を楽しむことに集中してください。

ハンズフリーオーガズムでペニスは巻き込まれません。 しかし、私たちのほとんどが「ハンズフリー」の部分の概念を完全に忘れているので、私たちはオルガスムを陰茎に接続することをとても固く決心しています。 がっかりしたときは、「ちょっと触って物事を始めましょう」と思います。 しかし彼の戦略はあなたをHFOから遠ざけるでしょう。

成功するHFOの主な要素は、覚醒と視覚化の組み合わせです。 私たちはオルガスムを持つ別の方法を発見しています。 陰茎に触れると、体の筋肉の記憶が始まり、伝統的な陰茎のオルガスムに戻ることができます。

瞑想とエロティックな催眠術がHFOに役立つ可能性がある理由の一部は、それが自己快楽のあなたの通常のルーチンからあなたをそらすということです。 それはあなたの陰茎について考えることからあなたをそらすのを助けます。 HFOはオナニーよりも心の高い状態として考えてください。

HFOへの旅の楽しみの一部はそこに着くためにとてもたくさんの楽しい方法があるということです。 エロティックな催眠、エロティックな呼吸、前立腺マッサージ、エロティックなASMR、瞑想、エロティックなタッチ(ペニスなし)フレックスPCの筋肉…そしてその他たくさん!

「しかし、待ってください、それらの多くが手を使っています!」あなたは考えています。 これは本当ですが、これらはHFOのやり方を学ぶための踏み石です。 繰り返しますが、これはHFOへの旅、あなたがオルガスムへの新しい方法を発見する非常に楽しい旅についてです。 そして私達はこれらの方法の全てを探求します、そしてもっと、オルガスムはペニスに限定されない! 降りることについてあなたが知っていると思ったことすべてを考え直すことを可能にする新しい強力な経験を持つことができます。

ペニス同時刺激による乳首開発

乳首には個人差がある
乳首が感じないという男性諸君も多いのではないでしょうか。他の性感帯と同じく当然人によって差があり、全く感じない人もいれば最初からとても感じる人もいます。

乳首の開発
乳首の先端を触れてみてください。どう感じますか?少しくすぐったいような、鈍い感覚が走るのではないでしょうか。人によっては、この時点で背筋がビリビリするかもしれません。この感覚に集中しながら、根気よく乳首をいじり続けることで、次第にその感覚は強まっていきます。撫でるのが良いのか、それともつねる方が自分は感じるのか。。ときには爪で引っ掻いてみるのもいいかもしれません。あえて服の上から触るのもおすすめです。そうして楽しみながら、乳首の開発を続けてみてください。筆を使ったり、バイブを使ってみるのも良いでしょう。

ペニスとの同時刺激による開発
乳首が感じるのがなかなか難しい場合は、ペニスも合わせて刺激することがおすすめです。例えば、ペニスをイキそうになるまでしごいて寸止めした後、乳首をいじってみる。ペニスが萎えてきたらまたイキそうになるまでしごき、その状態で乳首をいじってみる。そうすると、イキそうになる気持ちよさと、乳首を触ることによる気持ちよさがリンクするのか、次第に乳首だけでも感じるようになっていきます。

乳首だけで射精
乳首だけで感じる身体になってからしばらく開発を続けると、乳首で射精ができるようになります。その快感はいかばかりか。さあ、毎晩寝る前は乳首開発タイムとして、乳首をいじりまくってから眠りにつく生活を始めましょう。