射精のメカニズム

射精とは、睾丸で作られた精子が出てくることです。射精は反射反応の一種であり、自分の意思に関わらず発生します。この反応は交感神経の働きによるもので、亀頭への刺激が一定以上継続した場合に起こります。ただし例外もあり、夢精のように物理的な刺激が無くとも大脳から直接射精中枢へ働きかける場合もあるようです。

射精は精液が尿道から放出される前から始まっており、体内で射精に向けた準備が行われます。射精直前には睾丸がペニスの根本までせり上がります。ただしこの段階ではまだ射精司令は出ていません。カウパー液が射精準備のために分泌されている状態です。さらに興奮が高まると尿道が膨張し、その内部が前立腺液で満たされるようになります。

射精司令が出ると、精子が精管を通って前立腺の後ろに到達し、その後筋肉の収縮によって精管膨大部に移動します。
最終的には、外尿道括約筋が解放されることで、精液が放出されます。

ハンズフリーオーガズム到達の鍵~男性のPスポット~

女性のG-Spot(またはGrafenburgの斑点)、つまり正しい方法で刺激を受けたときに背筋が痛く、つま先が曲がっているような快楽を生み出す女性の内面的な働きの分野については、多くの不快感がありました。その機能を理解することに加えて、Gスポットがまったく存在するかどうかについて実際にかなりの量の議論がありました。私たちが女性の性的快楽のトピックに近づくとき、それはかなりホットなトピックです。それはどのように機能しますか?それはどこにありますか?それはまったく存在しますか?これらはすべて事実上の答えに値する質問です。
“ハンズフリーオーガズム到達の鍵~男性のPスポット~” の続きを読む

ドライオーガズムを追究していたらノーハンドで射精できた

田村淳の地上波ではダメ!絶対!」に、ノーハンドでイケる女性が出演していましたよね。あれを観てから、男もノーハンドで射精できるのではないか、というのは自分の中でちょっとしたテーマでした。

巷では「脳イキ」という言葉も流行っていて、興味があったのですがあれは女性を対象とした言葉であって、男性が脳でイくという話は見つけることができませんでした。

その頃の僕は、半信半疑になりながら、ドライオーガズムに挑戦していました。本当にドライオーガズムなんかあるのかと疑い、半ば諦めかけていたと思います。その時試していたのは、催眠オナニー。ドライオーガズムを促す音声があったので、それを試してみたりしていました。

しかしできない。全くイく兆候は見られない。イライラしながら昼寝でもしようとネットカフェに入ったときに、何の気なしにBGMとして催眠音声を聞いてみたのです。そのリラックスした感じが良かったのでしょうか、これまでになく感じました。今日こそドライを体験できると、高鳴る気持ちを抑えながら、感じることに集中していると、きました。オーガズムが。しかしそれはドライではなく、ウェットだったのです。ほぼ夢精のような感覚でした。

湿るパンツの感触に不快感を覚え、ドライを味わいたかったのにウェットだったことにがっかりしたのも束の間、あることに気づき驚愕しました。そう、その射精はノーハンドだったのです。

このときに催眠音声での感じ方を学んだ僕は、後日ドライでのオーガズムを味わうことにも成功しました。また、ノーハンドでの射精にも再現性があることを確認しました。長年の課題を複数同時に乗り越えた達成感はありつつも、これらの快感は通常の射精を上回るものではなかったため、肩透かしを食らった気持ちでした。

(オススメの催眠音声は、サイドバーに掲載してあります。)