ハンズフリーオーガズム到達の鍵~男性のPスポット~

女性のG-Spot(またはGrafenburgの斑点)、つまり正しい方法で刺激を受けたときに背筋が痛く、つま先が曲がっているような快楽を生み出す女性の内面的な働きの分野については、多くの不快感がありました。その機能を理解することに加えて、Gスポットがまったく存在するかどうかについて実際にかなりの量の議論がありました。私たちが女性の性的快楽のトピックに近づくとき、それはかなりホットなトピックです。それはどのように機能しますか?それはどこにありますか?それはまったく存在しますか?これらはすべて事実上の答えに値する質問です。

しかし、「P-Spot」として知られている男性の同等物についての議論はかなり少なくなっています。これは前立腺、すなわち尿道への精液の投射を助ける男性の性腺です。私たちは前立腺が存在するという事実は知っていますが、一般的な知識をまったく考慮しないということは、男性が充実した強烈な性的経験をするのをどのように助けるのかということです。

前立腺を「男性のGスポット」と呼ぶ人もいれば、女性のGスポットを「女性の前立腺」と呼ぶ人もいます。どちらの用語も間違っているわけではありません。自分や恋人の解剖学の「隠された」機能。しかし、このまれにしか議論されていない議論を深く掘り下げる前に、前立腺が何であるか、そしてそれが男性の体内でどのような目的に役立つかについてお話しましょう。

前立腺とは何か?

人体に存在する他の腺のように、前立腺は体液を分泌します。この乳白色の液体は精液のおよそ35%を構成するアルカリ性精液です。前立腺の分泌物は精液が膣の酸性環境で生き残るのを助け、かくして人間の生殖を助けます。

前立腺Pスポット

前立腺のその他の機能は次のとおりです。

射精の間に尿道の下で精液を推進するのを助けます。
精液の質を守るために毒素を取り除きます。
血流が前立腺の側面の神経を刺激すると勃起を起こします。
尿路感染症、またはUTIの発症から保護します。
本質的に弁として機能することによって尿の流れを制御します。
テストステロンの生産と規制を支援します。
前立腺がどのように機能し、その機能がどのようなものであるかを知っていれば、それが男性のセクシュアリティと男性の性的健康の両方においてどれほど重要かを理解するのは難しくありません。不健康な前立腺は勃起不全、尿路感染症、さらには癌を引き起こす可能性があるため、前立腺の健康の重要性を見逃してはいけません。

あなたはおそらく前立腺がどこに位置しているかに関して考えを持っています。実際には、定期的な前立腺検査として知られていることの間にあなたは彼らの手袋をはめた指を肛門に突き刺す医者のビジョンさえ得るかもしれません。前立腺は確かにこのように刺激されることができるが(おそらくそのような臨床的設定ではないが)、会陰に加えられる穏やかな圧力を介して従事することもできる – そうでなければ「グーチ」または「汚染」として知られる。

前立腺が実際に存在する場所は、前立腺の所有者と前立腺の所有者によって異なります。前立腺を見つけることができる一般的な「野球場」エリアがありますが、個人の体の中でその場所を確認するには、少し「飛び回っている」ことが唯一の方法です。肛門と睾丸の間のこの点は、陰茎の一種の「土台」として、またすべて自分で触れたことのある非常に楽しい場所として機能するため、前立腺は実際には一種の快楽として機能します。

前立腺刺激の分野で「軽くたたく」が指が直腸に入るのが不安な場合は、陰茎に触れることなく、会陰を通して強い喜びやオルガスムさえも生み出すことができます。女性のGスポットを刺激するように設計された玩具も、このセクシーな追求において大成功を収めて使用することができます。

性的禁忌がどのように「Pスポット」喜びを妨げるか
男性の前立腺で遊ぶことや他の人にやらせることを許可することについて、男性の心には確かに多くの不安があります。男性のセクシュアリティは男性のセクシュアリティとどのように関係していると私たちの文化は考えているのでしょうか。

私たちがあなたにあげることができる最も短い答えは単に「いいえ」です。

同性愛者の男性は性交または前戯の間に前立腺刺激の行為を楽しむかもしれませんが、男性のパートナーを持つすべての男性には当てはまりません。この習慣を楽しむのは、性的指向ではなく、自分の好みに関することです。毎回指を撫でるのが好きで、それから突然あなたのセクシュアリティが変わることはありません。あなたが女性だけにあなたのP-spotで遊ぶことを望んでいる人であるならば、あなたは前立腺の遊びを楽しんでいないどんなまっすぐな人と同じくらい異様です。

男性が彼らのパートナーと一緒に実験したいという彼らの願望を表明することを思いとどまらせる社会的圧力を克服するのは難しいかもしれません、しかしあなたはこれらの恣意的な基準があなたが完全に満足な性生活を持つことを妨げないように防ぐべきです。より多くの男性が時々前立腺に冒険するようになれば、おそらくトピックを取り巻くタブーが少なくなるでしょう。

また、前立腺遊戯を経験した男性のうち、全員がそれを享受し、性生活の中で100%実施することを望んでいると一般的に考えられています。これはまた別の神話です。すべての男性がこの慣習に慣れているわけではなく、他のベッドルームの習慣をまだ持っている人は、それ以上にはならないまでも同じくらい楽しんでいます。確かに、P-spotを刺激することはあなたがより頻繁にセックスまたはソロプレイに組み入れたいと思うかもしれないという喜びの激しい急上昇を作り出します、そしてそれについて悪いことは何もありません。しかし、単にそれを掘削しないことについて、間違ったことも珍しいこともありません。他の性的行動と同様に、前立腺遊戯を試してみると、「いいえ、これは私には意味がありません」と判断される可能性があります。

そしてそれは全く問題ありません。ターンオンと私たちをやめさせるものは人によって異なります、そして誰も彼らが不快であるという慣習に従事するべきではありません。

前立腺遊戯の驚くべき利点

喜びのために前立腺を探索するときには、最初のためらいがあるかもしれません。それは理解できます、それは新しい領域です、そして、あなたはそれほど精通していません。しかし、いったんあなたが快適になってそれに慣れると、この新しい世界は驚くべき方法で開かれ始めます。前立腺を介したオーガズム(そして陰茎刺激なし)は、可能なだけではなく、どの刺激方法があなたをやめさせるかを学んだ後に起こる可能性があります。前立腺オルガスムは、乾いた状態(精液なし)または湿った状態です。彼らはほとんどの場合乾燥しているので、体が精液の放出の後に休む不応期はありません、それで複数の男性のオルガスムは陰茎に手を使わないでかなり可能です!

前立腺Pスポット

前立腺を刺激することには、かなり激しいオーガズムを生み出すことに加えて、その地域での血流の発生から生じる、他にもいくつかの利点があります。実際には、あなたの前立腺と遊ぶことは癌からの保護などの貴重な健康上の利益をもたらすことができます!

前立腺をマッサージすることは、この喜びを生み出す腺の「搾乳」と呼ばれるものをもたらします。骨盤への血流の増加と組み合わされたこの作用はインポテンスの発生を減少させ、前立腺癌のリスクを減少させます。それで、あなたのパートナーにあなたのP-spotを消しゴムにするように頼むことを検討したならば、それが医学的理由のためであると彼らに言いなさい – それは真実だから。

つま先カールの喜びと素晴らしい健康上の利点?お互いに有利なことについて話しましょう!

男性と女性の解剖学はどのように似ている
「解剖学的同族体」とは、男性と女性に存在する類似した構造を持つ部分の専門用語です。この音は混乱しますか?基本的な性教育コースしかなかった場合は特にそうです。それを簡単に説明するために、これを考慮してください:最高の濃度の神経終末を含む陰茎の頭は、女性の性器の中で最も神経終末を持つ、女性の陰核の解剖学的同族体です。同様に、精巣(精子を作り出して収容する)と卵巣(女性の卵を収容する)は解剖学的ホモログです。これらの異なる体の部分は、それらが収容されている体に特有の機能を果たしますが、異性の解剖学的構造に匹敵する部分があります。

明らかに外見上の違いがあるにもかかわらず、似たような男性と女性がどのようになることができるかは面白いではないですか?

男性のPスポットと女性のGスポットは、同じような関係にあります。彼らはふたりとも…

性器刺激と身体刺激を伴うときに最高の快楽を生み出してください。
性的経験の一部として水分を作り出す。
膀胱のすぐ下にあります。
挿入後に「ストーク」動作で刺激することができます。
実際、前立腺が「男性のGスポット」と呼ばれているという事実は、特に類似性と機能をあまり知らない人に説明しようとしている場合には、かなり正確です。あなたがそれを呼び出すことを選択するものは何でも、pスポット刺激を通して完成したオルガスムはかなり素晴らしいですし、ショットを与える価値があります(つまり、この特定の境界を押して快適であれば)。

初めて前立腺遊戯を検討している人へのコツ
それであなたはあなたが偉大なる未知なるあなたの底に飛躍したいと決心しました。それはすごいことですが、それは通常あなたが飛び込むべきものではありません(意図されたような駄目)。通常、この活動にパートナーを紹介する前に、自分の地形を探索するには少し時間がかかります。近い将来に前立腺遊戯のためにあなた自身とあなたのパートナーを準備するために、あなたがあなたのP-スポットで町に行く前に以下の助言を考慮してください。

最初にそれを単独演技にしなさい。パートナーの助けを借りるのはおそらく楽しいことでしょうが、最初に前立腺刺激を自分で練習することで練習が分かりにくくなり、不安を軽減することができます。

パートナーと話をする。私たちが上で議論したように、それが前立腺の遊びに関しては非常に多くのタブーがあります。しかし、あなたが前立腺を刺激するように彼らに頼むために誰かに十分に快適に感じるなら、あなたはそれに至る会話をするのに十分に快適に感じるべきです。なぜあなたがそれを試したいのかを話し、興味のあるおもちゃ、数字の挿入、または会陰での遊びについてのPスポットプレイのさまざまな方法について話し合ってください。デジタル挿入を試みる場合、初めての人は彼らのパートナーが潤滑手袋を着用することを奨励します、しかしあなたはあなたとあなたのパートナーのために正しいと感じるものなら何でもするべきです。
パートナーとうまくいかない場合に備えて、ゲームプランを作成します。前立腺遊戯があなたのためではないとしても、それはセクシーさが終わらなければならないという意味ではありません。あなたはあなたが好きだと知っているものに切り替えることができます!何が起こったのかを話し合い、それがもう一度やりたいのか、それとも完全に棚に置いたのかを判断するのも時間がかかるでしょう。ここには間違った答えはありません。
あなたのパートナーとこれについて議論するときに決して握らないでください、そして彼らがそれについて話すときも、受容的で開かれた心を持ってください。セックスやセクシーな行動は、誰もが乗船していても、誰も自分の限界を超えてプレッシャーを感じたりプッシュしたりしていると感じない場合に優れています。コミュニケーションは重要であり、同意はセクシーです。誰もがこの新しい探査分野に全く熱心ではないのであれば、それは物事をかなり暑くしなくします。

Pスポット前立腺

男が射精するたびに、前立腺は果たすべき途方もない役割を持っています。それで、関係なく、降りるなら前立腺はすでにショーの一部です。他の理由でそれが何であるかを見る以外の理由で、そしてあなたがそれを好むのであれば、なぜそれを変更の主役にしてはいけませんか?あなたの体はあなたにとって不審な人ではないはずです、そして、あなたがこれらの経験に自分自身を開放することは、たとえあなたが最初は少し傷つきやすいと感じたとしても – あなたの関係に親密さと親近感をもたらすことができます。

大胆にしなさい。あなたの心の内容に男性のPスポットのこの最後のフロンティアを探ります。あなたの前立腺がどのように機能するか、そしてそれをオナニーやラブメイキングに取り入れることができる多くの方法を知ってしまえば、あなたは何もあなたを妨げません。

ペニス同時刺激による乳首開発

乳首には個人差がある
乳首が感じないという男性諸君も多いのではないでしょうか。他の性感帯と同じく当然人によって差があり、全く感じない人もいれば最初からとても感じる人もいます。

乳首の開発
乳首の先端を触れてみてください。どう感じますか?少しくすぐったいような、鈍い感覚が走るのではないでしょうか。人によっては、この時点で背筋がビリビリするかもしれません。この感覚に集中しながら、根気よく乳首をいじり続けることで、次第にその感覚は強まっていきます。撫でるのが良いのか、それともつねる方が自分は感じるのか。。ときには爪で引っ掻いてみるのもいいかもしれません。あえて服の上から触るのもおすすめです。そうして楽しみながら、乳首の開発を続けてみてください。筆を使ったり、バイブを使ってみるのも良いでしょう。

ペニスとの同時刺激による開発
乳首が感じるのがなかなか難しい場合は、ペニスも合わせて刺激することがおすすめです。例えば、ペニスをイキそうになるまでしごいて寸止めした後、乳首をいじってみる。ペニスが萎えてきたらまたイキそうになるまでしごき、その状態で乳首をいじってみる。そうすると、イキそうになる気持ちよさと、乳首を触ることによる気持ちよさがリンクするのか、次第に乳首だけでも感じるようになっていきます。

乳首だけで射精
乳首だけで感じる身体になってからしばらく開発を続けると、乳首で射精ができるようになります。その快感はいかばかりか。さあ、毎晩寝る前は乳首開発タイムとして、乳首をいじりまくってから眠りにつく生活を始めましょう。

ドライオーガズムを追究していたらノーハンドで射精できた

田村淳の地上波ではダメ!絶対!」に、ノーハンドでイケる女性が出演していましたよね。あれを観てから、男もノーハンドで射精できるのではないか、というのは自分の中でちょっとしたテーマでした。

巷では「脳イキ」という言葉も流行っていて、興味があったのですがあれは女性を対象とした言葉であって、男性が脳でイくという話は見つけることができませんでした。

その頃の僕は、半信半疑になりながら、ドライオーガズムに挑戦していました。本当にドライオーガズムなんかあるのかと疑い、半ば諦めかけていたと思います。その時試していたのは、催眠オナニー。ドライオーガズムを促す音声があったので、それを試してみたりしていました。

しかしできない。全くイく兆候は見られない。イライラしながら昼寝でもしようとネットカフェに入ったときに、何の気なしにBGMとして催眠音声を聞いてみたのです。そのリラックスした感じが良かったのでしょうか、これまでになく感じました。今日こそドライを体験できると、高鳴る気持ちを抑えながら、感じることに集中していると、きました。オーガズムが。しかしそれはドライではなく、ウェットだったのです。ほぼ夢精のような感覚でした。

湿るパンツの感触に不快感を覚え、ドライを味わいたかったのにウェットだったことにがっかりしたのも束の間、あることに気づき驚愕しました。そう、その射精はノーハンドだったのです。

このときに催眠音声での感じ方を学んだ僕は、後日ドライでのオーガズムを味わうことにも成功しました。また、ノーハンドでの射精にも再現性があることを確認しました。長年の課題を複数同時に乗り越えた達成感はありつつも、これらの快感は通常の射精を上回るものではなかったため、肩透かしを食らった気持ちでした。

(オススメの催眠音声は、サイドバーに掲載してあります。)