脳は最大の性器

あなたの人生のある時点で、「脳は体の最大の性器」というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。それは精神的にも物理的にも魅力的である刺激の重要性を説明するために一般的に使用される一般的な表現です。しかし、それは本当に最大の性器ですか?確かに、脳は私たちの性生活に関わるすべてのものに対して責任があります。私たちが惹かれるのは誰か、私たちをオンにするもの、私たちをオフにするものなどです。しかし、それはサイズの面で最大ではありません。この記事で私たちが人体の最大の性器について話すとき、私たちは体の全体を覆う何かについて話しています:皮膚。

肌は地獄のようにセクシーであり、性的経験において果たすべき大きな役割を持っています。

性的な文脈で感覚を考えるとき、あなたの首の曲線に対する唇の愛撫、キスをして一緒に来る2組の唇の電気的な感覚、そして明らかにエロティックな部分への接触が頭に浮かぶ。しかし、あなたの肌はあなたが考えていたよりももっと多くの場所であなたの欲求を刺激することができます。それらのうちのいくつかはあなたにさえ驚くかもしれません。

体のこれらの領域は、それらの覚醒誘導特性のために「性感帯」と呼ばれる。私たちは男性の体の地形上の多くの予想外の性感帯をリストしますが、この記事は決して包括的なものではないことを覚えておいてください。あなたのパートナーが私たちがリストに載っていない場所にあなたに触れたときにあなたのエンジンが活性化するかもしれません、あるいはあなたはこれらのゾーンのいくつかが魅力的でないと感じるかもしれません。あなたの「ホットスポット」がどこにあるのかという問題に関しては、本当に間違った答えはありません!

あなたが以前にあなたやあなたのパートナーの身体のこれらの部分に特別な注意を払うことを考えたことがないならば、あなたが次にベッドに入るとき(またはどこでも、私たちはあなたを判断できません)知り合いに数分かかります。

1)それらの乳首を買いに行こう!
私たちが解剖学のその特定の部分に示されているある愛の魅力について話すとき、女性の胸の上の乳首は主にスポットライトを浴びました。男性の乳首は、セクシーではなく、セックスに対して全く導いていないというのは、かなり一般的な意見のようです。彼らは…ちょっとそこにいます。しかし、少し考えてみましょう。男性の乳首が女性の乳首ほど敏感ではないのはなぜですか。

男性の乳首の遊び

ですから、男性のパートナーの乳首をなめたり、かじったり、いじったりするのを恐れないでください。彼は彼らにとって驚くべき、新しく発見された感謝を発見するかもしれません!

2)彼の耳に甘いささやきのささやき。
人間の耳は接触に非常に敏感です。実際、あなたが望む種類の効果を得るためにあなたは彼らの耳に触れる必要さえ全くありません。息をのむようなささやきの暖かさでさえも、気分を高め、物事をうまく進行させることができます。特にあなたがMaster Dirty Talkerであれば。その銀色の舌を官能的ななめに使用するか、歯を巻き込ませてみてください。あなたが優しい限り、あなたは結果を得るでしょう。

3)彼に手を差し伸べなさい
手が肉体的な親密さ – 自分自身またはパートナーとの間に関係があることはよく知られています。多くの点でそれらは身体的感覚への入り口として役立つので、これは「驚くべき」性感帯のリストを完全には超えないかもしれません。ただし、パートナーの手に愛を示すことは、やはり重要です。手のマッサージはリラックスしていて、すごい気分になります。そして、しっかりした背中のこすりのように、よりロマンチックな気分につながります。

多くの男性は自分の指や優しくて軽薄な愛撫の示唆に富んだ吸い込みにも感謝しています。あなたがあなたの男の手をつぶしていない限り、彼らの手に愛を示すための本当に悪い方法はありません。

4)鼠径部のために行きなさい
あなたの男性の性器に触れるために言うべき素晴らしいことがあるのは明らかです。結局のところ、それが望ましい目標です。しかし、あなたは彼の太ももと彼の膝の後ろのためにいくらかの感謝を示すことによって仕事に取りかかる前に休止をとるべきです。それは性器に近く、熱心に待っている神経で満たされているので、男性の太ももの上の皮膚は非常に敏感です。あなたが主な行動に着く前に、優しい噛みつき、キスとなめはあなたのパートナーの欲求を増幅することができます。

膝の裏側は性感帯としてはあまり期待されていませんが、見逃してはいけません!一般的な規則として、髪の毛がほとんどまたはまったく成長しない男性の体の斑点は、触れると特に敏感になる傾向があります。くすぐりを避けるだけです。彼がくすぐりをしているのでなければ、それからそれを行ってください!

また、あなたの男性の帯の近くの領域(下腹部)も神経終末のホットスポットであるため、感度が高まっていることを知って驚くかもしれません。あなたが彼のズボンのボタンのために行く前にこの領域の優しい愛撫は本当にあなたの親密な瞬間に特別な感触を加えることができます。

5)大したことない
何人かの男性はこのテクニックを試すのを躊躇しています、しかし我々はそれが彼らの性生活の中で大きな成功をもたらすと多くの人が見つけるのを保証します。会陰、男性の性器と彼の肛門の間の敏感な肉について話しています。そうでなければ「汚染」または「グーチ」として知られている、体のこの十分に評価されていない領域は、侵入を強制することなく、男性と彼の恋人に彼の前立腺(男性のPスポット)へのアクセスを与えます。

会陰に加えられる穏やかな量の圧力は前立腺を刺激します。そして、それは多くの男性のために、より長くそしてより強い勃起を含む、性に多数の利益を加えることができます。男性のボトムスに関することを取り巻くかなりの量のタブーがまだあるので、あなたのパートナーがそれを起こさなかったとしても驚かないでください。あなたがこれを読んでいる人であれば、あなたが自分の汚れに注意を払っているという考えを好むのはあなただけではないと思いませんか。あなたが推測したがっていた以上に多くの人がそれを好む。彼らはそれについてあまり話しません。

繰り返しますが、上で詳述された情報は、彼が性的であると感じるかもしれない人体の部分の完全なリストにどこにもありません。個人の体のどの部分が確実にホットスポットであるかを特定するための厳密な科学は存在しないため、現在および将来のパートナーと一緒にそれを特定するには、科学的でないアプローチをとる必要があります。でも心配しないでください – それは楽しみの半分です!

上記の性感帯のいずれかがあなたの性生活の中でいくつかの余分な時間と注意を捧げる価値があるもののように見える場合、それをしない理由はありません!最悪の場合、あなたは「ええ、私はこれをあまり深く掘らないでください」と言って、より魅力的な活動に移ることができます。うまくいった場合は、レパートリーにセクシーな新しいアイテムを追加しました。

男でも乳首でオーガズムを得ることが可能

それが乳首の遊びから降りることになると、それは一般的に女性に関連付けられています。 男性が乳首遊びからオルガスムを持つことができないという神話は正しくありません。 男性は、それ以上ではないにしても、乳首に敏感です。 男性は女性と同じくらい多くの性感帯を乳首に持っています。 実際には、ほんのわずかな割合の男性だけがそれを無効にしていると感じています。

それでは、男性はどのくらい正確に乳首の遊びから降りるのでしょうか。 多くの男性は、性交と前戯の間に彼らの乳首で遊んでもらうことを非常に興奮させます。 男性がそれを最大限に引き出すことができる方法はかなりあります。 セックスの間、あなたはあなたのパートナーにあなたの乳首をそっと打たせることができます。 前戯や性交の際には、やさしく触れると興奮します。 あなたの乳首を刺激するためのもう一つの方法はあなたのパートナーがそれらをなめると吸うことです。 あなたが乳首遊びの覚醒を感じたいと思うなら、これは始めるのに最適な場所です!

あなたが男性の乳首のオルガスムの急降下にあなたを得ることができるといういくつかの簡単なステップがあります。 まず、あなたはあなたの乳首と胸を起こす必要があるでしょう。 あなたの胸と乳首の両方をこすることによって、あなたの乳首は直立して起床します。

このステップを繰り返すことで、覚醒を感じるようになるかもしれません。 あなたがそっとオーレオールをこすり始めると、あなたはますます興奮して成長するでしょう。 あなたの乳首はより直立して成長し、あなたは人差し指でもう少し早くそれらをこすり始めることができます。 あなたの陰茎がより興奮したようになったことを感じるようになったら、より速くより速くあなたの乳首をこすり始めてください。 乳首のオルガスムで、あなたは実際にあなたの前立腺にズキズキするのを感じることができます。 いくらかの忍耐力と実験によって、単にあなたの乳首で遊ぶことによって乾いたオーガズムを達成することは可能です。

オーガズムに到達するためのすべての方法のうち、これはあなたが忍耐強くなければならないものです。 それは逆効果に思えるかもしれませんが、乳首のオルガスムを持つことを「試みないでください」。 あなたは何十年もの間オナニーの経験をしていて、オルガスムに自分自身を操作することを学びました。 乳首のオルガスムを達成するためには、オーガズムに自分自身を強制したり、「やろう」とすべきではありません。 それはこの新しい性感帯を探求し学ぶことについての詳細です。 あなたが激しくストロークして結果を生み出すことができるのはペニスではありません。 男性の乳首は繊細な感触で洗練されているはずです。 あなたが最初にそれが楽しい気持ちを生み出すことができるのを発見したとき、あなたは陰茎の専門家ではありませんでした。 乳首についても同じです。 探査は発見への鍵です。 あなたは、一人でまたはあなたのパートナーと一緒に絶頂に達するための新しくてエキサイティングな方法を発見しようとしています。 楽しんで!

次回、シャツの下に手を伸ばして乳首をなでるような気がします。 あなたがどのように触れているかについて考えるのではなく、ただ気分が良いものだけをするのが最善です。 乳首の遊びについて自己意識的に感じる必要はありません、それは完全に普通で楽しいです。 乳首の刺激から前立腺にチクチクする音がしたら、それはいいことです! そうでなければ、大したことではないが、楽しみは探究である。 時間をかけて楽しんでください。 乳首の刺激から持続可能な覚醒を作り出すためには、あなたの乳首に集中せず、他の刺激的なシミュレーションであなたの注意をそらさないことが最善です。 一つの注意はあなたの陰茎に触れないことです。 乳首で発生する性的感覚は前立腺、ハンズフリーオルガスムの起源を引き起こす可能性があります。 精神的に陰茎に焦点を当てることは陰茎に性的感覚を向け直し、前立腺の性的感覚の構築を遅らせるでしょう。

乳首の機能は前立腺のエロティックな炎を広げることです。 乳首が火花を発しているか、前立腺に電荷を送って前立腺に電気を送り、それを輝かせていると想像してください。 私のために働く2つの精神的なトリックは前述のように官能的な気晴らしです、または乳首を想像することはそれを喚起する前立腺への導管です。 しかし、あなたは自分にとって何がうまくいっているのかを探求し発見するべきです。 あなたが前立腺の中で強力な感覚を育てることができるならば、それと共に行ってください! その覚醒を築き、乗り心地を楽しんでください。 初めて乳首オーガズムを吹く心を期待しないでください。 あなたの一人の時間とあなたのパートナーとの時間に乳首の刺激を統合します。 あなたにとって何がうまくいくのかを学び、その知識を基にすると、驚くべき結果がもたらされるでしょう。

ペニス同時刺激による乳首開発

乳首には個人差がある
乳首が感じないという男性諸君も多いのではないでしょうか。他の性感帯と同じく当然人によって差があり、全く感じない人もいれば最初からとても感じる人もいます。

乳首の開発
乳首の先端を触れてみてください。どう感じますか?少しくすぐったいような、鈍い感覚が走るのではないでしょうか。人によっては、この時点で背筋がビリビリするかもしれません。この感覚に集中しながら、根気よく乳首をいじり続けることで、次第にその感覚は強まっていきます。撫でるのが良いのか、それともつねる方が自分は感じるのか。。ときには爪で引っ掻いてみるのもいいかもしれません。あえて服の上から触るのもおすすめです。そうして楽しみながら、乳首の開発を続けてみてください。筆を使ったり、バイブを使ってみるのも良いでしょう。

ペニスとの同時刺激による開発
乳首が感じるのがなかなか難しい場合は、ペニスも合わせて刺激することがおすすめです。例えば、ペニスをイキそうになるまでしごいて寸止めした後、乳首をいじってみる。ペニスが萎えてきたらまたイキそうになるまでしごき、その状態で乳首をいじってみる。そうすると、イキそうになる気持ちよさと、乳首を触ることによる気持ちよさがリンクするのか、次第に乳首だけでも感じるようになっていきます。

乳首だけで射精
乳首だけで感じる身体になってからしばらく開発を続けると、乳首で射精ができるようになります。その快感はいかばかりか。さあ、毎晩寝る前は乳首開発タイムとして、乳首をいじりまくってから眠りにつく生活を始めましょう。

M性感で未知なる快楽を体験

女性に主導権を握られる快感を求めて、M性感に行く。
それを繰り返していると、自分の身体に次第に変化を感じる。
自分の身体が、どんどん敏感になっていく。

M性感では、亀頭や玉袋などの王道の性感帯の他に、
乳首や脇、背中など通常はくすぐったさしか感じないような部位を責めてもらうことで、
性感帯として開発してもらうことができます。

最初は感じない部位も、執拗に責められ続けることで、
いつしか脳の中で快感神経と結びつき、性感帯として開花します。

乳首だけを責められ続けて射精に至る、
そんな快感を経験してみたくはありませんか?

そういえば昔は、乳首は感じなかった

いつだったか、「男でも乳首を弄り続ければ感じるようになる」という記事を読んだ。

その当時は自分の乳首を触っても、ほとんど何も感じなかったのを覚えている。「ちょっとくすぐったいかなー」くらいだった。

ただなんとなく、それ以来オナニーをする度に、乳首を触ってみるようになった。ペニスで感じている時に同時に乳首を触ったりすることで開発を続けてきた。そしたらいつのまにか、本当に乳首がすごく感じるようになっていた。具体的に言えば、今では乳首だけでドライオーガズムに達することができる。

本当だ。

普通の女の子よりも乳首で感じる自信があるかもしれない(笑)もはや感じることの方が自然なので、かつて乳首が感じない時代があったことなんてすっかり忘れていた。

次は足の指とか開発したいな。