ペニス同時刺激による乳首開発

乳首には個人差がある
乳首が感じないという男性諸君も多いのではないでしょうか。他の性感帯と同じく当然人によって差があり、全く感じない人もいれば最初からとても感じる人もいます。

乳首の開発
乳首の先端を触れてみてください。どう感じますか?少しくすぐったいような、鈍い感覚が走るのではないでしょうか。人によっては、この時点で背筋がビリビリするかもしれません。この感覚に集中しながら、根気よく乳首をいじり続けることで、次第にその感覚は強まっていきます。撫でるのが良いのか、それともつねる方が自分は感じるのか。。ときには爪で引っ掻いてみるのもいいかもしれません。あえて服の上から触るのもおすすめです。そうして楽しみながら、乳首の開発を続けてみてください。筆を使ったり、バイブを使ってみるのも良いでしょう。

ペニスとの同時刺激による開発
乳首が感じるのがなかなか難しい場合は、ペニスも合わせて刺激することがおすすめです。例えば、ペニスをイキそうになるまでしごいて寸止めした後、乳首をいじってみる。ペニスが萎えてきたらまたイキそうになるまでしごき、その状態で乳首をいじってみる。そうすると、イキそうになる気持ちよさと、乳首を触ることによる気持ちよさがリンクするのか、次第に乳首だけでも感じるようになっていきます。

乳首だけで射精
乳首だけで感じる身体になってからしばらく開発を続けると、乳首で射精ができるようになります。その快感はいかばかりか。さあ、毎晩寝る前は乳首開発タイムとして、乳首をいじりまくってから眠りにつく生活を始めましょう。

ペニスのフェザータッチ

鈍感になってしまったオナニー

男性のオナニーは、ペニスを握って上下にシゴくのが一般的です。最初はソフトなタッチだったオナニーも、時を経て、力を入れて強く握らなければ感じない身体になってしまってはいないでしょうか。そんな鈍感な状態では、本来得れるべき快感も減ってしまいます。若かりし頃の気持ちよさを取り戻すためにも、性感を取り戻しましょう。

微細な刺激を感じる

ペニスを握ってシゴくのをやめ、指でペニスをなぞるようにして愛撫し、その細かな刺激を楽しんでみましょう。最初は楽しむ程度でかまいません。フィニッシュは強く握って擦って迎えるとしても、徐々にその優しい刺激を感じる時間を伸ばしていければ、次第に貴方の性感は研ぎ澄まされていくでしょう。

フェザータッチのオナニー

触れるか触れないかの強さで肌に触れることをフェザータッチと呼びます。セックスにおいては、このタッチで女性を愛撫するのが効果的ですが、これは自分のオナニーにおいても当てはまります。亀頭から竿、玉に至るまで丁寧に撫で回してみてください。くすぐったいような快感を、感じるようになることで、オナニーの水準が一段上がることでしょう。時には爪を立てて引っ掻いてみるのもいいかもしれません。

中折れ対策にも

セックスで興奮せず、萎えてしまう原因の多くは、強すぎる刺激のオナニーに慣れてしまっていることにあります。中折れした悔しい経験がある方は、ぜひこのフェザータッチオナニーを試してみてください。どんなに弱い膣圧でも感じるペニスを取り戻しましょう。

そういえば昔は、乳首は感じなかった

いつだったか、「男でも乳首を弄り続ければ感じるようになる」という記事を読んだ。

その当時は自分の乳首を触っても、ほとんど何も感じなかったのを覚えている。「ちょっとくすぐったいかなー」くらいだった。

ただなんとなく、それ以来オナニーをする度に、乳首を触ってみるようになった。ペニスで感じている時に同時に乳首を触ったりすることで開発を続けてきた。そしたらいつのまにか、本当に乳首がすごく感じるようになっていた。具体的に言えば、今では乳首だけでドライオーガズムに達することができる。

本当だ。

普通の女の子よりも乳首で感じる自信があるかもしれない(笑)もはや感じることの方が自然なので、かつて乳首が感じない時代があったことなんてすっかり忘れていた。

次は足の指とか開発したいな。