ペニスのフェザータッチ

鈍感になってしまったオナニー

男性のオナニーは、ペニスを握って上下にシゴくのが一般的です。最初はソフトなタッチだったオナニーも、時を経て、力を入れて強く握らなければ感じない身体になってしまってはいないでしょうか。そんな鈍感な状態では、本来得れるべき快感も減ってしまいます。若かりし頃の気持ちよさを取り戻すためにも、性感を取り戻しましょう。

微細な刺激を感じる

ペニスを握ってシゴくのをやめ、指でペニスをなぞるようにして愛撫し、その細かな刺激を楽しんでみましょう。最初は楽しむ程度でかまいません。フィニッシュは強く握って擦って迎えるとしても、徐々にその優しい刺激を感じる時間を伸ばしていければ、次第に貴方の性感は研ぎ澄まされていくでしょう。

フェザータッチのオナニー

触れるか触れないかの強さで肌に触れることをフェザータッチと呼びます。セックスにおいては、このタッチで女性を愛撫するのが効果的ですが、これは自分のオナニーにおいても当てはまります。亀頭から竿、玉に至るまで丁寧に撫で回してみてください。くすぐったいような快感を、感じるようになることで、オナニーの水準が一段上がることでしょう。時には爪を立てて引っ掻いてみるのもいいかもしれません。

中折れ対策にも

セックスで興奮せず、萎えてしまう原因の多くは、強すぎる刺激のオナニーに慣れてしまっていることにあります。中折れした悔しい経験がある方は、ぜひこのフェザータッチオナニーを試してみてください。どんなに弱い膣圧でも感じるペニスを取り戻しましょう。

M性感で未知なる快楽を体験

女性に主導権を握られる快感を求めて、M性感に行く。
それを繰り返していると、自分の身体に次第に変化を感じる。
自分の身体が、どんどん敏感になっていく。

M性感では、亀頭や玉袋などの王道の性感帯の他に、
乳首や脇、背中など通常はくすぐったさしか感じないような部位を責めてもらうことで、
性感帯として開発してもらうことができます。

最初は感じない部位も、執拗に責められ続けることで、
いつしか脳の中で快感神経と結びつき、性感帯として開花します。

乳首だけを責められ続けて射精に至る、
そんな快感を経験してみたくはありませんか?

こうして僕はメンズエステにはまった

もともと僕は、エステ系のエロ動画が好きでした。なんでしょうね、女の子が耐え忍ぶ表情がとても好きなんですよね。感じてはいけないと思いながらも感じてしまう、羞恥心に歪んだ顔を見るととても興奮する。そして発情し、それまでの理性的な態度とは一転してドエロいメスとして本能の赴くままにセックスに没頭する様が大好きなんです。

それだけじゃない、自分もこんな風に徹底的に感じさせられてみたい、こんなエステを受けてみたい、そんな感情があったのでしょう。AV女優の快楽に歪む表情を見て楽しむだけでなく、そこに感情移入していた。そういう欲望があったのです。

あるとき、ビジネスホテルに泊まることがあって、ふと思い立ってアロマオイルマッサージを頼んでみました。よく部屋のテーブルに案内が置いてありますよね。そうしたら特に綺麗でもない熟女のマッサージ師が来られたのですが、そのマッサージが気持ちよくて気持ちよくて。勃起した。

それでオイルマッサージやべぇなと。女性の手の感触と、勃起を見られる羞恥心で超興奮するなと。新しい世界を知ってしまったわけです。特にM属性のひとにとっては堪らないサービス。

この時から僕は、より興奮するエステを求めて、メンズエステを渡り歩くようになりました。

オイルマッサージとはオシャレに言いますが、その実は施術者に愛撫されるサービスに他なりません。お店によってどこまで過激な愛撫なのかが異なります。新しいお店に行くたびに、どこまで過激か分からないワクワクがありました。

特に興奮したのは麻布十番のWhisper。そして赤羽の極。どちらももう閉店してしまいましたが…。

いずれまた機会を見て、オススメの店舗を紹介していければと思っています。